「圧巻のチルトボンネット仕様S15ヴァリエッタ」50mmワイドの独創的スタイリングにも大注目!

公開日 : 2019/06/05 06:30 最終更新日 : 2019/06/05 06:30

趣向を凝らして違和感のないチルトアクションを実現!

 

新型スープラを思わせるフェンダー周りの造形は注目!

 

オーナー自らがデザインし、神奈川県のカスタムガレージ・ビートワークスが製作したS15シルビアヴァリエッタ。

 

 

このチューンドのハイライトはやはりチルト化されたボンネットだろう。社外のFRPボンネットとフェンダー上部を一体化し、フロント側に開閉するよう大加工されているのだ。

 

 

違和感のない開閉アクションを実現するために、他車種のトランク用ヒンジに加えてボンネットダンパーも追加。これにより、ボンネットオープン状態でも全くグラつかない強度を確保しつつ、操作フィーリングも実にスムーズな仕上がりとなった。

 

 

50mmのワイド仕様となるフロントフェンダー周りの造形は見事だ。ヘッドライトからフェンダー後部のアウトレットダクトへと繋がるラインで上下に分かれる形状だが、違和感がまるでない。新型GRスープラのようなデザインだ。

 

 

サイドステップやリヤバンパーなどは全てスムージング加工され、後付け感を完全払拭。また、オーナーの強い拘りで、本来は四角い給油口の形状を丸型に変更していたりもする。

 

 

マフラーはチタン100φの4本出しテールを採用したスペシャル。LEDテールまで含めて、オーナーの理想とするスタイリングを実現するためにワンオフ製作されたものだ。

 

 

オーナーの拘りとプロの技術力が組み合わさって誕生した唯一無二のスタイリング、あえてオープンのヴァリエッタをベースにしているところにもセンスの良さを感じさせてくれる。