「R35GT-Rに最強の空力性能を」スーパーGT500現役シャーシメカニックが開発した本物のエアロパーツ

公開日 : 2019/06/04 06:30 最終更新日 : 2021/08/30 15:45

求めたのはスーパーGTマシン由来の機能美

 

空力と冷却性能を徹底したバトルスーツ

 

GT-Rというキャラクターに対して、エアロパーツをデザイン性だけで満足できる人は少ないのではなかろうか。事実、エアロパーツとはダウンフォースや整流効果により走行安定性や操作性を向上させることこそが本来の役割だ。

 

 

そんな見えない空気の流れを読み、優れた空力性能が与えられた“本物”のエアロパーツとして開発されたのが、プロコンポジットの『アブフラッグスペック・バージョン2』だ。

 

その“本物”である由縁は、設計開発にスーパーGT500の現役シャーシメカニックを迎え、R35で得られるエアロ効果を最大限に引き出している点に他ならない。

 

 

具体的なパートを例に挙げると、まずフロントバンパーは95mm延長され、空気の流れを作るとともに冷却コアへの導風を重視した設計だ。効率的に冷却することで、GT-R本来のパフォーマンスをスポイルしないことも重要なファクターだ。

 

 

なお、製品はFRPとリップ部分にカーボンを組み合わせたハイブリッドタイプと、FRPのみの2種類をラインアップ。カーボンタイプは塗り分けることで、イメージの違いが楽しめる。

 

 

サイドステップはボディ下面へ空気が巻き込まれることを防ぐためのアイテム。この機能を重視した結果、シンプルなデザインで成形される。あくまでも空力を考えた結果生まれた形状なのだ。

 

 

純正ウイングのトップ部分を同様の形状でドライカーボン化。これによって純正で考えられていた空力を損なうことなく、軽量化できるうえ車検にも対応する優れもの。

 

 

マフラー出口は純正サイズを基本に設計しているが、パワークラフト製マフラーと組み合わせてもジャストフィット。チューンドGT-Rに対応するパーツだけにこう言った汎用性も必要なスペック。

 

 

リヤバンパーに溜まる走行風だけでなく、マフラーから発生する熱も効率的に排出するために設けられたエアアウトレット。流速を上げるために設置されるフィン部分はカーボンパーツが組み合わせられる。

 

 

もちろん、このエアロは機能ばかりがトピックではない、そのスポーツ性能を体現する美しいシルエットこそが最大の魅力であることは言うまでもない。しかし、スーパーGTで培った最新の空力性能を取り入れたことにより、小手先の技術では生まれない“本物”の機能美がこの『アブフラッグスペック・バージョン2』には備わっているのだ。

 

<価格表入る>

PRICE LIST

■フロントバンパースポイラー・バージョン2:180,000円(C/GFRPハイブリッド)/120,000円(GFRP) ■サイドスカート:158,000円(CFRP)/120,000円(GFRP) ■リアバンパースポイラーwith CFRPフィンセット:325,000円 ■ストックマウントリアスポイラー:178,8000円 (CFRP)

 

●取材協力:プロコンポジット TEL:0120-848-480

 

【関連リンク】

プロコンポジット

http://www.pro-composite.jp