「コンセプトはゴルフGTIならぬスイフトGTI!」ヨーロピアンスポーツを目指したZC33Sチューンの極致!

老舗が手がけるサスペンションチューンに注目!

 

目指すはヨーロピアンスポーツハッチ

 

コンセプトはズバリ“スイフトGTI”。フォルクスワーゲンやプジョーなどヨーロピアンスポーツハッチと肩を並べられるトータルパフォーマンスの向上を目指して、ZC33Sスイフトスポーツのチューニングを行なっているのが、創業30年以上の歴史をもつ埼玉県春日部市のアクティブだ。

 

 

「歴代スイフトスポーツもお客さんからの入庫はありましたが、現行型はダウンサイジングターボに1トンを切る車重、ジオメトリーも走り向き、これは低コストで遊べそうということで、デモ車を導入することにしました。“ちょい悪オヤジのアシ”として通勤や買い物に気軽に使える上、サーキットもしっかりと楽しめるマシンに仕上げていきますよ」と、市村代表はスイフトスポーツへの思いを語ってくれた。

 

 

アクティブが追求するGTIコンセプトを実現させるためのキモとなるのが、ストリートからサーキットまでを徹底的に走り込んで完成させたオリジナルサスペンションキット“MONACO(25万8000円〜)”。スピリットとの共同開発で、フラットな乗り味とニュートラルなステアリング特性を追求し、スプリングレートは標準でフロント8kg/mm、リヤ6kg/mmに設定している。

 

 

さらに、フロントアームブッシュのピロ化(1台分4個セット:4万5000円)やクスコ製1.5ウェイLSDとの組み合わせにより、パワーを効率よく路面に伝えることを可能にしているのだ。

 

 

エンジン系のチューニングはオリジナルECUによるブーストアップ仕様となる。排気系チューンも徹底。上流部にはHKSのスポーツキャタライザーとフロントパイプを装備し、タービン直後の背圧を効果的に抑えて排気効率をアップさせている。なお、サーキット走行ではエンジンの動きが大きいので、クスコのエンジンピッチングストッパーも装着している。

 

 

マフラーはフジツボのオーソライズRM-Cをチョイス。程よい音量のスポーツサウンドや優れた排気効率なのはもちろん、純正バンパーにピッタリの渋いカーボンテールがGTIコンセプトにマッチしている。

 

 

足元は、エンケイNT03RR(8J×17+48)とグッドイヤーのイーグルRS(F235/40 R215/45)の組み合わせだ。ストリートラジアル装着でも筑波サーキットを1分6秒台の快足ぶりを誇る。

 

 

インパネまわりはほぼノーマルで、イグニッションスイッチの下にVSCキャンセラー(3万9900円)の赤いスイッチが追加されているくらい。オリジナルECUでクルーズコントロール速度も変更しているため高速移動も楽々だ。

 

 

シートは運転席、助手席ともレカロSR7に変更。ヨーロピアンスポーツ的なGTIコンセプトを考慮して、あえてリクライニングタイプをチョイスしている。現状はボディ補強パーツも一切追加せずにポテンシャルを追求。

 

 

今後の課題はブレーキで、純正キャリパーはピストンとパッドの当たり具合に難があるので変更の予定。そしてようやく足が決まったので、さらなるパワーを求めてタービン交換にも着手するというから、今後の進化にもますます注目していきたい。

 

●取材協力:アクティブ 埼玉県春日部市緑町1-8-16 TEL:048-738-7670

 

【関連リンク】

アクティブ

http://www.active-gt.com/