「筑波を56秒台で周回するNAのEG6シビック」心臓部は至宝のK24改4連スロットル仕様!

公開日 : 2019/05/27 11:20 最終更新日 : 2019/05/27 11:20

パワートレインのアップデートで56秒697を達成!

 

K24改エンジンを換装してクワイフシーケンシャルも投入!

 

2018シーズンまでは、264psまで引き上げられたB16C改2.0Lを搭載していたEG6シビックの筑波サーキット攻略機。

 

 

2019シーズンからはK24ブロックをベースにK20ヘッドを組み合わせたエンジンを新規で製作&換装し、より高出力化を果たしつつ耐久性を高めている。最高出力等のデータは秘密としながら、パワー/トルクともに以前使用していたB16C改2.0L仕様を凌ぐほど。ドライバーもその特性には満足だという。

 

 

スロットルは50φのシャフトレス4連タイプをセット。全開時には60φスロットル相当の吸入面積を実現するため、ハイレスポンスなだけでなく出力アップにも繋がっている。制御はモーテックM84だ。

 

 

ミッションもクワイフのシーケンシャルミッションを投入してアップデート。軽量化のためにサブフレームはアルミ製で、K型エンジン換装の際に干渉するフレームを一部カットしている。今回のバージョンアップ時には、新たにボディ補強を徹底し剛性を高めている。

 

 

サスペンションは大きな変更はないが、2019シーズンの手応え次第では大幅なリメイクも考えているとのこと。タイヤはタイムアタックマシンでは定番になっている295/35を投入しつつ、リアもサイズアップを図る。

 

 

室内はカーボン製のダッシュボードを装着するなど軽量化を徹底。コクピットのマルチモニターは、ロギング可能なMoTeCのC127をセットしている。

 

 

空力面では、アンダーパネルの形状やカナードなど変更を行うことで空力バランスを改善。カーボンルーフなどを組み合わせたボディの軽量化は昨シーズンから引き継いでいるものの、シャーシには新たな補強も加えている。

 

こうしたアップデートが功を奏し、取材時の筑波アタックで自己ベストを更新(56秒697)! FFのNAながら56秒台に突入する偉業を成し遂げたのである。

 

スペック

エンジン:K24ブロック+K20ヘッド/Kチューン エキマニ/戸田レーシング キラーカム/CP ピストン/クロワー コンロッド/デンソー 410ccインジェクター/モーテックM84/KEW マフラー、アルミラジエター/YF-RK オイルクーラー ライブトレイン:クワイフ シーケンシャルミッション/KEW LSD フットワーク:戸辺SPL ブレーキ:スプーンキャリパー タイヤ:アドバンA050(F295/35-18  R225/45-16) ホイール:ボルクレーシングCE28N エクステリア:KEW/48ガレージ ワイドボディ、サイドステップ 他