「これぞK12型マーチスーパーターボ!」1.4LエンジンにスーパーチャージャーとTD04ターボをダブル装着! | web option(ウェブ オプション)

「これぞK12型マーチスーパーターボ!」1.4LエンジンにスーパーチャージャーとTD04ターボをダブル装着!

DIYで進化したK12マーチスーパーターボ!

 

インパルのスーパーチャージャーとTD04タービンをセット!

 

曲面的なデザインと愛くるしい表情が特徴のK12マーチ。前モデルのK11型に比べると重く大きくなってしまったからか、フィットやヴィッツ、スイフトスポーツといった他のコンパクトスポーツと比べてチューンドベースとしての人気は低かったと言える。

 

 

そんな状況のなか、パワーを追求してツインチャージャー仕様にまで進化したのがこのK12マーチだ。「下はスーパーチャージャー、上はターボでカバーしたらおもしろいかも」という発想から、ノーマルの1.4Lエンジンに、インパルの電磁クラッチ付きスーパーチャージャーとトラストのTD04-11Bタービンをダブル装着したのである。

 

 

もともとオーナーは街乗り用にマーチを購入。しかし、低回転域でのトルクが細くインパクトに欠けるモッサリとしたフィーリングにすっかり失望…。サーキットや峠を走るわけではないが「やっぱり常にトルクやパワーを感じていられるだけの力強さが欲しい」と、まずは実力派チューニングショップ“ピットロードM”にターボ化をオーダーした。

 

 

その結果、CR14DEエンジンは0.6キロのブースト圧で170psをマーク。低速域でのトルク不足をカバーし、中間域からの強烈な加速感も手に入れた。しかし、オーナーはすぐに「ターボの特性が少しだけ唐突かも。誰でも違和感なく楽しめるフィーリングに仕上げたい」と、次なる目標を設定。あくまでも、マーチで大排気量NAマシンのようにパワーもトルクもあるフラットな特性を手に入れることに拘った。

 

 

そこでスーパーチャージャーの追加に踏み切るわけだが、同時にここから先はDIYで仕上げることを決意。仕事で機械の設計をしていることもあって「ひょっとしたら自分でもできるかも‥‥」という自信と興味があったそうな。ただ、決して軽い気持ちでスタートしたのではなく、工具一式をはじめ、プラズマカッターやTIG溶接機などまで揃えて臨むことに。

 

 

コンプレッサー本体は、キットに含まれていたインマニを途中でカットしてアルミ製サージタンクと結合。ちなみにサージタンクは120φのパイプをカマボコ型に加工して大容量化したワンオフ品だ。

 

 

サージタンクの容量アップに伴い、インタークーラーパイプの径も50φから60φへと拡大。これも溶接機を駆使してアルミパイプを加工した力作で、バッテリーをラゲッジスペースに移動するなど、可能なかぎりストレートに近い形状を目指したという。

 

 

ラジエターはAE111用アルミ3層へと交換して容量をアップ。ただし、K12の純正マウント位置でコアを拡大すると干渉してしまう。そこで、ラジエターサポートメンバーをアルミで新たに作り、パイピングと干渉しないようにオフセットしている。

 

 

機関系のみならず外装もオーナーがリメイク。マーチらしい外観に拘り、あえてエアロパーツやリアウイングといった大物パーツは装着していないが、リアテールをLED化してアピール。砲弾型5mmのLEDを両サイドのスモール&ブレーキランプに144発使用しているこのランプは、ピットロードM製だ。

 

 

ツインチャージャー仕様では、加速時に駆動輪のグリップが明らかに不足してしまう。そこでFRP製フェンダーをネットオークションで手に入れ、片側で15mmずつトレッドを拡大した。

 

 

最高出力は不明だが、恐らく実測で200psは超えているはず。マーチのツインチャージャーと言えば、K10型のマーチスーパーターボが真っ先に思い浮かぶが、このK12はその進化型のマーチスーパーターボと呼べる存在なのかもしれない。

 

●取材協力:ピットロードM 兵庫県姫路市安富町安志912 TEL:0790-66-3359

 

【関連リンク】

ピットロードM

http://www.pitroadm.com/