「ホンダCR-X(EF8)にスープラの内装を移植した問題作!」ガルウイングにドープ塗装など大技連発のエクステリアにも注目! | web option(ウェブ オプション)

「ホンダCR-X(EF8)にスープラの内装を移植した問題作!」ガルウイングにドープ塗装など大技連発のエクステリアにも注目!

違和感なし!スープラのダッシュボードを大胆スワップ!

 

ガルウイング解放時に目立つドア内張りもキッチリとカスタム!

 

峠小僧ご用達のボーイズレーサーとして一斉を風靡した2代目CR-Xをベースに、現代風のエッセンスを盛り込んだのがこのマシン。

 

 

エクステリアは生産中止となっている無限のフルエアロキットを装着し、ボディカラーは光が当たるとゴールドにも見えるドープのブラックゴールドをチョイス。ホイールはワークXSA02Cの17インチ(ブラッククローム仕様)だ。また、ガルウイング化に伴いサイドパネルが干渉してしまうので、ボディラインは作り直されている。

 

 

センター2本出しのマフラーはコペン純正を加工したワンオフ品。それに合わせてリヤバンパーも約50mm延長するなど、ボリューム感を演出している。

 

 

こうして様々なドレスアップテクニックおよびパーツをフル投入したスタイルは、全く古さを感じさせない仕上がりなのだが、そんなメイキングの真骨頂と言えるのが、乗った瞬間に「あれ?」となること請け合いのインテリアだ。なにせJZA80スープラのダッシュボードをそのまま移植しているのである。タイトな車内に戦闘機のようなインパネまわりが違和感なく収まっているのだから、そのインパクトたるやハンパではない!

 

 

オーナーがスープラの“包み込まれるようなコクピット”に惚れ込み「自分のマシンに移植できないか?」と、スーパーオートバックス名古屋ベイに相談したのがキッカケ。

 

 

もちろん、サイズや形状がまったく異なるダッシュボードを移植するのは簡単なことではない。用意されたスープラ用ダッシュボードは、助手席側が20cmほど切りつめられ、車体との隙間はボディ形状にあわせてイチから造形。メーターパネルには追加メーターやコントローラーを埋め込むことで、オンリーワン仕様に磨きをかけている。

 

 

さらに完成度を高めるべく、ダッシュボードのデザインと違和感がないようにドアパネルやシフトパネルも製作。なお、ドアパネル内側はガルウイング開放時を想定してアルカンターラを貼り込み、

 

 

これまで同型車種のダッシュボードを流用したチューンドは数多く存在したが、他車種から移植をしたケースは超レア。いや、JZA80スープラのダッシュボードを移植したCR-Xは間違いなく世界初だろう。なにより、オーナーの難解なオーダーを200パーセントで応えたスーパーオートバックス名古屋ベイの技術力と想像力には感服だ。