「親子の思い出が詰まったクジラクラウンといつまでも…」1JZ-GTE+5速オートマ換装で生まれ変わったエボリューション旧車! | web option(ウェブ オプション)

「親子の思い出が詰まったクジラクラウンといつまでも…」1JZ-GTE+5速オートマ換装で生まれ変わったエボリューション旧車!

1JZ-GTE+5速オートマ換装で現代に通じる動力性能をゲット!

 

メルセデスベンツに負けないクジラクラウン!

 

1971年(昭和46年)にモデルチェンジし、排ガス規制のためか1974年(昭和49年)までの4年弱しか生産されなかったMS60型クラウン。

 

クジラクラウンの愛称で親しまれ、セドリック同様に高級車として世のお父さんたちが憧れた車種だ。ちなみに、このクルマからトヨペットからトヨタに車名が変わり、最終型では2600ccの4Mエンジンも搭載された。

 

 

このクジラクラウンの元オーナーは、エンジンスワップチューンを得意とするC&Yスポーツの知念代表の父親(故人)で、当時からメカ好き親子が大切に乗り続け、いつかは復活させようとファクトリーに保管していたものだという。

 

 

そして、ついにC&Yスポーツによって再生。その際にパワートレインはなんと1JZ-GTEエンジン&5速オートマに換装! しかも、思い入れのあるクルマだけにエンジン&ミッションは新品を使って丁寧に組み上げたそうだ。なお、現代風のエンジンルームに仕上げるべく、各部にフードを作ってエンジン本体以外の部分が見えないように隠しているのもC&Y流。制御は1JZのノーマルコンピュータで行なっている。

 

 

ヘッドライトはクリアカットのレンズにHIDをインストール。ホイールはレザックスの17インチだ。このあたりのパーツチョイス次第でオールド感を払拭できるから面白い。

 

 

クジラクラウンは元々コラムオートマ仕様だが、コラムオートマで今の5速オートマに使えるものが見つからず、やむなくフロアシフトのゲート式レバーを移植した。また、盗難やイタズラは可能な限り避けたいとのことからセキュリティーシステムも装備している。

 

完成後は、九州から仙台ハイランドまでアチコチを走りまわり、高速道路ではスポーツカーもメルセデスベンツもブッ千切るポテンシャルを発揮してくれて大満足だとか。

 

 

コンセプトは「現代でも快適に、普通に乗れるネオノスタルジックカー」。速さを求めるチューニングとは異なり、長く乗り続けるための快適性を狙ったエボリューションスタイルなのである。

 

●取材協力:C&Yスポーツ TEL:0561-38-8325

 

【関連リンク】

C&Yスポーツ

http://www.c-ysports.com/