「EJ20チューンの要は排気系にあり!」“パワーが出てエンジンに優しい”を実現したHKSメタルキャタライザーの誕生秘話

インプレッサ/WRXは排圧を低減することでパワーと耐久性が大幅にアップする!

 

長く楽しく乗るためのEJ20チューンの必需品

 

2004年、あるGDBのユーザーとショップが『さほどリスクを伴うようなチューニングを施しているワケじゃないのにエンジンが壊れる』という現象に悩ませていた。それどころか、ちょっとしたブーストアップなどのライトチューンレベルのほうがトラブルを発生することが多く、当時はEJ20をチューニングすると壊れると言われていたのだ。

 

 

『これまでインプレッサ/WRXの歴代モデルを詳細に検証してきているので良くわかるのですが、EJ20エンジンはモデルを追うごとに確実に改良されていると思います。しかし、EJ20にはもはや伝統的と呼んでも良いくらいの弱点がある。それが排気系なんですよ』とは、HKSで開発の陣頭指揮をふるっている坂詰さん。

 

 

詳しく伺ってみるとEJ20はタービン直下に触媒があり、それが抵抗となって排圧は高くなってしまう。わかりやすく言えばノーマルのEJ20は排気のヌケが悪く、これによってタービンの効率は低下し、エンジン自体にも大きなストレスとなっていたというのだ。つまり、ブーストを上げれば排圧もより一層高まるわけで、これが原因となってエンジンブローが多発していたのである。

 

 

そのことが判明したこともあって、開発が開始されたHKSのメタルキャタライザー(WRX STI用16万5000円/WRX S4用11万8000円)は触媒の位置こそ純正と変わらないものの、内部のセル数やサイズを数多くテスト。十分な排気ガスの浄化性能とヌケの絶妙なバランスを見つけることに成功した。

 

 

また、タービンと接続するアウトレット部分の形状も徹底研究。ここの設計でもブーストの立ち上がりや排圧が変わってくるというのだ。

そうした様々なトライ&トライの末、パワーアップしつつエンジンに優しいエキゾーストマニフォールドが完成した。

 

なお、HKS製マフラーとのマッチングは確認しているが、他社製品や吸気系にも手を入れた場合はコンピュータのリセッティングが必要になる場合もある。そんな時に備え、個別に購入するより大幅にお得なフラッシュエディターとのセット(EXHAUST&ECU Package:WRX STI用18万5000円/WRX S4用14万8000円)がオススメだ。

 

 

フラッシュエディターは車両に備えられているOBDIIポートを通じてECUのデータを書き換えるためのツール。標準でフェイズ1とフェイズ2という2種類のデータがプリインストールされているが、パワーライター店での現車セッティングも可能になっている。

 

フェイズ1にはスピードリミッター解除に加えてSiドライブの各モードごとにドライバビリティ向上を目指した各種データが盛り込まれており、フェイズ2ではメタルキャタライザーによる排圧低減を活かした、よりパワーが狙えるデータが入っている。

 

 

ちなみに、最新モデルのVABでもEJ20エンジンをチューニングする上での最大のネックが触媒だという点は変わっていないのだという。EJ20をチューニングして長く楽しく乗りたいのであればメタルキャタライザーは欠かすことのできないアイテムといえる。

 

●取材協力:エッチケーエス TEL:0544-29-1235

 

【関連リンク】

エッチケーエス

https://www.hks-power.co.jp