「世にも珍しいアルファロメオ75TSの本格チューンド!」NAフルメカチューン+モーテック制御で快感レスポンスを実現!

公開日 : 2019/05/21 14:30 最終更新日 : 2019/05/21 14:30

オールドアルファの名作をモーテックでデジタル制御!

 

バランスに優れた名機を思いきりサーキットチューン

 

チューニング雑誌には滅多に出てくることのないアルファロメオのオールドモデル、75TS。そのパッケージングはレーシングカー的なもので、エンジンは縦置きでミッションはトランスアクスルのリヤマウント式、ブレーキはミッションケースのすぐ脇につくインボードタイプとなっており、前後の重量バランスは理想的な50:50を達成している。

 

 

当時としてはかなり進歩的なモデルで、フィアット傘下に入る前、アルファロメオの75周年記念として投入されたこともあり、オールドアルファ最後のモデルとも言われている。

 

 

この車両に搭載されるエンジンは、2000ccのNAでツインカムのツインプラグ仕様。元々はオーナーが仲間で草レースを楽しむために廉価で手に入れたというもので、当時は勢い良く内装を取って軽量化し、ロールケージを入れるなどプライベーター的にイジっていたそうだ。しかし、いつしか本格的なサーキットマシンとして機関系にもコツコツとプロの手が入れられ、気がつけばここまでの仕様になっていたとのこと。

 

 

エンジンチューンの軸となるのはアルファ・ホリックス製の専用スロットルキットだ。スロットル径は45φで、キットには専用ECUも付属していたが、前時代的なスペックだったためにキャンセルし、モーテックで制御。最近、仕様変更を終えたばかりだが、その際に不安の解消策としてハーネスもすべて引き直した。

 

 

点火系チューンも行われ、コイルはS15シルビア用を使い、デスビは廃して4A-Gの5バルブ用ピックアップを加工して装備している。また、オルタネーターは信頼性が高く軽量なダイハツ軽自動車用を流用している。

 

 

複雑に取り回されるロングタイプの等張エキマニは、プロショップ・ナカガワのワンオフ品。見た目にも拘ったレイアウトであることは一目でわかる。

 

 

コクピットでは、メーターパネルは排除され、マルチモニターでもあるモーテックのカラーディスプレイロガーが設置される。また、ハーネスはすべて引き直され、ヒューズも廃止。やはりモーテックのPDMモジュールでスイッチングを行う。操作はスイッチモジュールのキーパッドで行う。パーツ選びには妥協がない。

 

 

エクステリアはオーバーフェンダー化によってトレッドを拡大し、リヤスポイラーも当時流行したホエールテールタイプを装備。ウインドウはすべてポリカーボネイト製だ。

 

実際、このクルマは岡山国際サーキットをホームコースとしているが、初めて走った15年前からするとラップライムは25秒もタイムアップしているそうだ。ちなみに現在のベストタイムは1分52秒9だ。

 

 

エンジンは内部まで手が入れられているが、今回のリメイク前の実測で約150ps+α。現在はキャブレターからインジェクション&電子制御へと仕様変更を終えたところでセッティング待ちの状態だ。また、並行して新たなエンジンも製作中で、目標出力は200ps弱とのこと。オールドアルファの名作は、まだまだ進化していくというわけだ。

 

スペック

■エンジン:JEピストン/OKPコンロッド/コロンボ バリアーニカムシャフト/プロショップ・ナカガワ ワンオフエキマニ、ワンオフマフラー、オイルクーラー ■駆動系:バッチロマー ドグミッション/OS技研ツインプレートクラッチ、LSD/4.1ファイナル ■フットワーク:アラゴスタ サスペンションキット/apロッキードキャリパー ■ホイール&タイヤ:ボルクレーシングTE37V(7J-15)&アドバンA050(F:215/50-15 R225/50-15) ■シャーシ&ボディブレイス:OMPロールケージ/フルスポット増し ■エクステリア:オーバーフェンダー/ポリカーボネイトウインドウ ■インテリア: OMPステアリング、バケットシート

 

取材協力:プロショップ・ナカガワ 兵庫県姫路市余部区下余部1239  TEL:079-272-3883

 

【関連リンク】

プロショップ・ナカガワ

https://more-drive.jp