日産モータースポーツの中枢「NISMO大森ファクトリー」がガチでBCNR33をイジるとこうなるんです! | web option(ウェブ オプション)

日産モータースポーツの中枢「NISMO大森ファクトリー」がガチでBCNR33をイジるとこうなるんです!

エンジンは全域トルク型のRB26改ニスモS2仕様を搭載!

 

新車以上にまでコンディションを高めるワークスの技

 

大柄なボディを採用してはいるが、BNR32に対して空力性能は高く、ホイールベースも延長されたことで高速安定性にも優れるBCNR33。

 

ニスモ大森ファクトリーはその特性を崩す事なく、メーカー直系ワークスらしい質実剛健のチューニングでBCNR33をブラッシュアップ。そうして誕生したのが、CRS(クラブマン・レース・スペック)というコードネームが与えられたBCNR33 CRS.だ。

 

 

エンジンは、BNR34タービンを軸に全域でのトルクアップを実現するRB26DETTのS2仕様を搭載。霧化効率の高いR35GT-R純正の570ccマルチホールインジェクターをセットし、専用カムシャフト、0.9mmメタルガスケット、専用ECUなどを組み込み、ストリートからサーキットまで楽しめるファインスペックだ。

 

 

なお、ニスモ大森ファクトリーはエンジンの分解&組み立てをおこなうエンジン整備室や、完成したエンジンの性能確認をおこなうエンジンベンチ室なども完備。レーシングマシンと同じ環境、同じクオリティが一般ユーザーに提供される。作業スペースは全域が空調管理された車両整備場で、ユーザーごとに決まったメカニックが対応することで、かかりつけ医のようなきめ細かいサービスが提供できるようになっている。S2エンジンも、もちろんこのラインで製作される。

 

 

エキゾースト環境も、RB26DETTの性能を極限まで高めるために開発されたエキゾーストシステムNE-1で最適化している。これは、フロントパイプからキャタライザー、センターサイレンサーまでデュアル化し、全域で高い排気効率を実現する逸品だ。チタン製のため軽量化にも効果的だ。

 

なお、BCNR33はBNR34よりもボディ剛性が低いため、バルクヘッドのガゼット貼り込み(ドライカーボン)やアンダーフロアへの補強バー追加など、目に見えない部分まで徹底的に補強、リフレッシュ施すことで新車以上の剛性感と軽快なフットワークを手に入れている。

 

 

サスペンションは、オーリンズHALコンプリートをベースにスプリング変更したニスモ大森ファクトリーオリジナル。全長調整タイプなのでセッティング変更も楽しめる。

 

 

シート&ルーフライニングを張り替えることでインテリアはリフレッシュされている。シートは本革+アルカンターラ、ルーフライニングは張り替えの他、吸音シートを追加することで静寂性を高めている。

 

 

エクステリアは、後期型ヘッドライトを投入した上で、フロントバンパーとリヤスポイラーをニスモ製に変更。リヤスポイラーはカーボン製フラップを採用し、2枚羽のカーボンフラップは角度調整が可能だ。

 

 

コンディションはもはや新車以上。しかも、これらのチューニング&リフレッシュメニューはスペシャルではなく、ニスモ大森ファクトリーでユーザーに提供しているものだ。何より、第二世代GT-Rを知り尽くしたメーカー直系ワークスによる各部のアプローチは、BCNR33オーナーにとって参考になるものばかりではないだろうか。

 

●取材協力:ニスモ大森ファクトリー 神奈川県横浜市鶴見区大黒町6-1 TEL:045-505-8508

 

【関連リンク】

http://www.nismo.co.jp/omori_factory