「空冷ポルシェが最新フルコン制御で快適仕様に大変身!」エンジンは350馬力を発揮するハイレスポンスの6連スロットル仕様! | web option(ウェブ オプション)

「空冷ポルシェが最新フルコン制御で快適仕様に大変身!」エンジンは350馬力を発揮するハイレスポンスの6連スロットル仕様!

約350馬力のM64改6連スロットル仕様をフルコンで完全掌握!

 

モーテック制御でストリートでの快適性も追求

 

人目でそれと分かるスタイリングが魅力でもあるポルシェ。このモデルは964。中古車市場では、プレミアム価格が付けられるようになっている空冷エンジン搭載モデルで、それ以前と比べシャシーやサスペンションの性能が高められていることもトピックだ。

 

 

車両の製作コンセプトは外観ノーマル風なストリートチューンド。将来的にはターボルック(純正ワイドフェンダー)程度にはしたいと考えているが、あくまでノーマル風でサラリと乗りたいとのこと。

 

 

エンジンを中心としたチューニングの内容は、ピストン&コンロッドやカムシャフトなど内部まで手を入れ圧縮比アップ、バルブの作用角を拡大。

 

 

そして吸気は、TWM社の50φスロットルの6連仕様を高い演算能力を誇るフルコン「モーテックM84」で制御するなど現代的。出力はNAながらに350ps近くまで高められ、見た目はおとなしいが、エンジンをかけるとそのサウンドはかなりレーシでやる気をソソるものに仕上がっている。

 

 

なお、点火系はR35のコイルなどを使いダイレクトイグニッション化。ツインプラグ仕様のエンジンであるためコイルを12個装着する必要があるが、スペース的にきついため、エンジンルーム内で3個×4ヶ所に分けて配置している。

 

 

エキマニ&マフラーは製作時間の都合でまずは市販品を装着。しかし、理想とするスペックの製品がないため時間をみつけてワンオフする予定だ。

 

 

サスペンションはほぼ純正のまま強化しているが、現在ジオメトリーを整えるべく調整式アームなどをワンオフしている最中だという。車両購入時は19インチの社外ホイールが装着されていたが、あえて純正に戻しスイーパー的なスタイルを目指す。

 

 

インテリアもノーマル風だが、実はドアの内張りはRSグレードのもので、ステアリングは元々380mmで大型のエアバック付きだったものを、944の純正(小径・オフセットタイプ)に変更。その際、張り替えによって内装色を合わせている。スピードメーターは純正で300キロのフルスケールタイプ。アナログなメーターパネルが精密機械を連想させる。

 

 

オーナーは、この964を製作したプロショップ・ナカガワの中川代表だが「子供のころ憧れたポルシェのこの形、パッケージ、いつか乗ってみたかった。そして物心ついてから身に付けてきたチューニングのノウハウを投入してイジってみたかった」という願望を実現しつつあるものだという。

 

 

ちなみに、モーテックによるフルコン制御によってアイドルアップなども容易に行えるため、エアコンもバッチリ作動。当時の定番スタイルでもあったキャブチューンとはまた一味違う、万能な現代型チューニングカーとして成立しているのだ。

 

スペック

■エンジン:M64改3.6L/TMWスロットル(50φ×6)/社外エキマニ&マフラー/WebCam(カムシャフト IN304度/EX284度)/100φピストン/クランクバランス取り/モーテックM84/サード12ホールインジェクター(550cc×6)/GT-R用コイル(ダイレクトイグニッション)/強化ボルト類 ■ドライブトレイン:MORE DRIVEカーボンツインクラッチ ■フットワーク:ビルシュタイン車高調 ■ホイール:RSカップカー用純正&ダンロップ スポーツMAXX(F205/55-17 R255/40-17) ■インテリア:944用ステアリング(360mm)リペア品装着

 

取材協力:プロショップ・ナカガワ 兵庫県姫路市余部区下余部1239  TEL:079-272-3883

 

【関連リンク】

プロショップ・ナカガワ

https://more-drive.jp