「公道仕様で1100馬力オーバー!」ショップデモカーも真っ青のR35GT-Rオーナーカー登場! | web option(ウェブ オプション)

「公道仕様で1100馬力オーバー!」ショップデモカーも真っ青のR35GT-Rオーナーカー登場!

富士のストレートにマトを絞った超絶パワーチューン!

 

HKSパーツをフル投入して1150馬力に到達!

 

基本コンセプトは、オーナードライブで富士スピードウェイのホームストレートを踏みっぱなしの全開で楽しめる仕様。

 

 

そんなとんでもないマシンを目指したガレージ八幡のR35GT-Rは、HKSのGT1000+タービンにNOSを組み合わせ、最高出力は1150psまで高められている。

 

 

このハイパワーを受け止めるため、エンジン内部もHKSの鍛造ピストンやH断面コンロッドなどを使ってしっかりと強化。想定するパワーでも安心して全開にできるように耐久性を高めているのだ。ミッションも負荷のかかる1速ギヤを強化品に変更済み。オーナーの意向もあってギア比は最高速向けのセットアップとなる。

 

 

また、パワーアップに合わせ増大する熱量は冷却コア類の変更とともに、効率的なエアアウトレットを設けたオリジナルボンネットでも解消。空力と排熱の機能性を持たせた設計は、ハイチューンのR35GT-Rにはオススメのアイテムと言える。

 

 

トランクにはフューエルコレクターとともにNX社製のNOSボンベを搭載。サーキット専用車ではないため、トランクスペースが使えるようにとのオーダーに合わせ、リヤシート直後部分を使って効率的にレイアウトされる。

 

 

サスペンションはサーキットでのハンドリングを重視したガレージ八幡オリジナルをセット。合わせるブレーキもハイパワー化に合わせて400mmのビッグローターを投入して安定性も向上している。

 

 

このモンスターGT-Rを鈴鹿サーキットで試乗したレーシングドライバー青木孝行選手は「ハイギヤードだからコーナーの出口でもたつく場面もありますが、全体的にはパワー感もあって楽しいクルマですね。特に足回りはしなやかな動きで粘りもあるため、コントロールがしやすい。これでギヤ比がジャストなら本当に楽しめるマシンになるんじゃないですかね」と評価。

 

 

ショップデモカーすらも凌ぐポテンシャルを秘めたオーバー1000馬力のGT-R、まだまだ進化予定というから楽しみだ。

 

スペック

■エンジン:ガレージ八幡 ECU、ラジエター、マフラー、ツインオイルクーラー/HKS GT1000+タービン、インマニ、エキマニ、コンロッド、ピストン、クランク、EVC、インタークーラー ■ドライブトレイン:ガレージ八幡 1速ギヤ強化、強化クラッチ/NISMO LSD ■サスペンション:ガレージ八幡 車高調、調整式アーム ■ブレーキ:400mmビッグローターキット ■ホイール:NISMO純正 ■タイヤ:アドバンA052(285/35-20) ■エクステリア:ガレージ八幡 ボンネット/トップシークレット フロントワイドボディキット

 

取材協力:ガレージ八幡 愛知県半田市上浜町10-20 TEL:0569-26-1660

 

【関連リンク】

ガレージ八幡

http://street-special.com