アフターホイールの世界に革命を起こしたBBS RI-Dという名作を振り返る【最強ホイール解体新書】 | web option(ウェブ オプション)

アフターホイールの世界に革命を起こしたBBS RI-Dという名作を振り返る【最強ホイール解体新書】

超超ジュラルミンが可能した軽量の世界

 

難加工素材を攻略して生まれた驚異の軽量ホイール

 

スポーツホイールに求められる性能、その代表格となるのは軽さ。BBSは常に軽量に対するアプローチを行ってきた。同社最大の強みは、40年以上にも及ぶ鍛造素材、鍛造技術に対する研究実績だ。そして、従来のアルミ鍛造ホイールに使用されるA-6000系合金とは異なる、A-7000系合金での鍛造ホイール製造に着手したのである。

 

 

A-7000系とはアルミニウム合金の一種であるが、別名『超超ジュラルミン』とも呼ばれる航空機に用いられる最高強度を持つ素材。もちろん、A-7000系に着目したホイールメーカーは数多くあった。しかし、A-6000系に比べて加工が困難なことや、耐腐食性の低さからホイールには不向きな素材とされていた。

 

 

しかし、BBSでは高度な熱処理によって耐腐食性の問題を克服。また、通常のアルミ鍛造に対して約6倍もの製造時間を要してまでも加工に成功し、ついに世界初の超超ジュラルミン鍛造ホイールの製造に成功したのだ。

 

アルミ鍛造よりも引っ張り強度や耐力に優れるだけに、超超ジュラルミン鍛造ホイールはデザインでさらなる軽量さを追い込むことが可能になった。割れや曲がりに強く、応力分散に優れていることは一目瞭然のクロススポークデザインを踏襲しながら、そのスポークは見るからに軽量であることをアピールする。それが、BBSのハイエンドモデル『RI-D』である。

 

 

サイズ展開は19インチから21インチまでと、主に世界のハイエンドスポーツモデルをターゲットにしているが、代表モデルとなっているR35GT-R用では、一般的なサイズだけでなくBBSとしては珍しくローダウンを見越したチューナーサイズも用意されている。具体的には前後20インチのフロント10Jインセット35、リヤ11Jインセット15という攻めたサイズも設定されているのだ。

 

 

ちなみにこのサイズにおける重量はフロント用が8.6kg、リヤが9.1kgでしかなく、この数値はなんと純正ホイールの7割強でしかない。この重量比こそ、超超ジュラルミン鍛造ホイールの説得力なのでる。

 

 

マグネシウム鍛造のようにシビアな性能管理を必要とせず、アルミニウム鍛造を超えるスペックを誇る素材。超超ジュラルミン鍛造のインパクトが、レスポンスや制動性能を鍛えるとともに乗り味や乗り心地を向上させ、走りの次元を高めることになるのだ。

 

●問い合わせ:BBS TEL:0766-31-8091

 

製品仕様
BBS RI-D

19インチ:8.5J〜12.0J 20万4000円〜23万円
20インチ:8.5J〜11.5J 23万円〜25万3000円
21インチ:9.0J〜10.0J 26万円〜26万6000円

 

【関連リンク】

BBS

https://bbs-japan.co.jp