「マフラーの後付けサイレンサーはエンジンにどんだけ悪い!?」実際に排圧とブースト圧の変化を検証してみた! | web option(ウェブ オプション)

「マフラーの後付けサイレンサーはエンジンにどんだけ悪い!?」実際に排圧とブースト圧の変化を検証してみた!

後付け消音装置は使い方次第でエンジンにダメージを与えるという事実

 

サイレンサー装着状態では3000回転がリミットと考えるべし!

 

 

テスト内容は、ブーストアップ仕様のS14シルビアに後付け消音装置として人気が高い「アペックスECV」を装着して、その直前の排圧(2次排圧=タービン以降の排気圧力)を計測するというもの。このテストに協力してもらったのは、プロショップのアミューズだ。

 

 

ECVという製品は、中間パイプにバルブユニットをはさみ、ワイヤーで開閉することで音量をカンタンに調整できるというパーツだ。任意の位置でロックできる機構も付いており、付属のワイヤーは2メートルとなっている。車種専用設計のバルブ内径はトヨタ&ミツビシが61φで、それ以外は67φ。汎用も用意されていて、51φ〜93φの範囲で選択できる。

 

2次排圧の値でエンジンへの影響を調べる

 

この2次排圧だけど、圧力が高い=抵抗が大きいというわけで、値がデカければデカいほどエンジンに悪影響を及ぼす。2次排圧が高いことによるトラブル事例としては、排気上流部のガスケット抜け、最悪のケースは2次排圧につられて1次排圧(タービンまでの排気圧力)も上昇してエキマニが割れたり、タービンブローなんかも起こりえる。

 

考え方としては、ノーマルマフラーや絞りのあるマフラーは2次排圧が高くて、抜けが良いマフラーほど排圧は低くなるという感じだ。

 

 

そんな2次排圧の可視化は、フロントパイプ内の排気圧力を機械式ブーストメーターで表示させるという方法を採用。

 

 

具体的には、ECVを装着する直前のフロントパイプを一度外して、ドリルで穴あけ。そこにホースニップルのアダプターを溶接して圧力を取れるようにした。機械式ブーストメーターのスケールは2キロのものを使った。

 

また、今回はその他にブースト圧やパワーの変化もダイナパックで計測した。

 

全開状態は全開走行しても問題なし!

 

 

まずECV全開状態から。アイドリング時の2次排圧はゼロ(大気圧)の位置を指している。そこからアクセルを全開にして、事前に決めていた4500回転までイッキに引っ張る。その間メーターの針はわずかに動く程度、数値もピークで0.1キロに届くか届かないくらい。

 

 

「ほぼ大気圧ですね。これはつまり、ECV全開状態での抜けがイイって意味です。この仕様にはベストな排気環境かも」と松井さん。この状態でのブースト圧はピークで0.75キロだった。

 

全閉状態では4000回転で2次排圧が1キロを超えた!

 

 

続いてECVを全閉状態に。アイドリング時の排圧はゼロで変わらない。そこから全開状態と同じように4500回転までイッキに上げる。するとメーターの針は跳ね上がって、2次排圧はなんと1.1キロに到達! 一方のブースト圧は、0.2キロで張り付いてそれ以上かからない状況だった。

 

 

「今回はエンジンのことを考えて4500回転までにしましたけど、高回転までまわしたら排圧はもっと上がるでしょうね。パイプ内がこれだけの圧力になっちゃったら、ECV全閉状態で全開走行するのはホント危険ですよ。3000回転あたりでの2次排圧はコンマ2〜3キロでしたから、常用するならそのあたりまでかな」。

 

●テスト結果

 

■2次排圧の変化

ECV全開状態だと2次排圧は低い数値で推移しつづけた。一方、全閉状態だと回転数を上げるにしたがって2次排圧が上昇。4500回転ではブースト1.0キロオーバーという完全にヤバイ領域に突入してしまった。

 

■ダイナパックによるブースト圧&パワーの変化

 

そしてブースト圧とパワーの変化。ダイナパックによる計測で、やはり想像以上の差が生じた。

 

 

赤線:バルブ全開=ブースト0.75キロ(197ps)

紫線:バルブ開度50%=ブースト0.7キロ(195ps)

緑線:バルブ全閉=ブースト0.3キロ(115ps)

 

2次排圧テスト同様に回転数は4500rpmを上限にした。ECV全開状態での最大ブースト圧はコンマ7ちょい。しかし、全閉状態だとどんだけ踏んでもコンマ3が限界。グラフの紫色はECVハーフ状態のものだが、どちらも全開状態にちかいデータになった。パワーグラフは、そんなブースト圧の差がそのまま馬力に反映されている。ECVは全開か全閉のどちらかで使わないと意味がないということかもしれない。

 

■近接排気音結果

 

 

計測はALTIAの音量計を使用。とても小さいツールだが、国交省が認める車検機器だったりする。

 

アイドリング:ECV全開85.5dB/ECV全閉81.6dB

4500回転:ECV全開117.2dB/ECV全閉102.7dB

 

アイドリングでは4dB、4500回転では10dB以上の消音効果!「インナーサイレンサーだと、実は2dBくらいしか消音できないんですよ。そう考えるとECVの消音性能は高いですね!」と松井さん。

 

なお、アミューズでは、過去の経験則からテールから差し込むタイプのインナーサイレンサーも今回のECVとおなじような結果になると断言。つまり、なんらかの手法で音量を下げるときは、全開走行は禁止ということだ。