「シンプル・イズ・ベストを貫く極低Z33!」パーツチョイスに拘り抜いた美しきUSDM仕様 | web option(ウェブ オプション)

「シンプル・イズ・ベストを貫く極低Z33!」パーツチョイスに拘り抜いた美しきUSDM仕様

玄人好みの極低USDM仕様!

 

マイナスオフセットの深リムを収める純正風ワイドフェンダーも注目

 

近年、急激な流行を見せているスタイルがUSDMだ。日本のチューニングカーを参考に北米で製作されたチューンドをJDMと呼ぶが、そのJDMの持つ独特な空気感を日本で表現したスタイルがUSDMとなる。いかにアメリカのテイストを表現するかが重要で、つまりはカスタムの逆輸入と言うことになる。

 

 

このZ33は、まさにUSDMの路線を走るカスタムマシンだ。

 

 

19インチのマイナスオフセット(-15)のグラムライツ製ホイールを収めるために、フェンダーをワイド化。可能な限り後付け感が出ないよう、純正のラインを再現した美しい仕上がりだ。また純正色にシルバーのホイールカラーを選択し、落ちついた佇まいで足元を主張する。

 

 

やはりツラには相当こだわり、フェンダーとホイールはギリギリのクリアランスで装着。車高調はドイツの名門KW社のバージョン3とし、あくまでもスポーツ性能を高める方向でセットアップしている。

 

 

また、USDMは本来エクステリアに見合ったパワーチューニングを行うのが正しいスタイル。吸気系にはHKSのインテークシステムを導入し、冷却系にミシモトのラジエーターとトラストのオイルクーラーを装着。なおセッティングは三重県のエスプリにて行なっている。

 

 

一見するとシンプルなZ33だが、その実は、車高設定からエアロパーツの選定、ホイールチョイスまで全てのパートにオーナーの拘りが詰め込まれた非常にハイレベルなUSDM仕様なのである。