「マークXは本来こうあるべきだった!」1JZ-GTE+6速MT換装でハイパワーFRセダンへ!

公開日 : 2019/05/10 14:20 最終更新日 : 2019/05/10 14:20


直6ターボ搭載でマークXツアラーVの完成!?

 

GRX120にJZX100のエンジンを搭載!

 

1JZ-GTEエンジンを搭載し、スポーツモデルに負けない戦闘力を誇ったマークII、チェイサー、クレスタなどのJZX100、JZX110シリーズ。

 

 

その後継にあたるマークXは、新型モデルならではの豪華装備を備えていながら中古車市場では50万円(グレード次第)から手に入るというお値打ち感。

 

しかし、ラインアップはNAエンジンのみで、トップグレードの3GR-FSEエンジン搭載モデルでもカタログ値256ps程度。V6エンジンということもあり、パワーアップチューンの手法も少ない。さらに、ミッションもATオンリーで正攻法のチューニングには少々ハードルの高いモデルと言えるだろう。

 

 

とはいえ、駆動方式はFRだし「パワーさえどうにかすれば面白いクルマになるはず!」と、GRX120に1JZ-GTEエンジンの換装に踏み切ったのが、チューニングショップSTFだ。

 

STFの城崎代表は、過去にも様々なエンジンスワップ車両を手がけてきた若手チューナー。D1GP車両の製作も行なっているほどだ。

 

 

「エンジン換装でポイントとなるのが、エンジンやミッションを高さや角度まで適度な位置にレイアウトすること。駆動系(デフなど)との配置角度が大切です。マークXと1JZの組み合わは、位置合わせがすごく良い関係で収まりました。LSDの入ったデフが無加工で流用できたのもラッキーでしたね」と、作業は案外すんなりと進んだそうだ。

 

 

なお、1JZは車種によってオイルパンの形状が数種類あり、今回はJZA80用のオイル溜まりが後ろ側にあるタイプを使用。ゲトラグ6速ミッションに合わせてプロペラシャフトは新規製作したが、デフやドライブシャフトが流用できるため、スワップの難易度は高くないということだ。

 

 

ちなみにミッションはJZX100の5速のほうが収まりは良いとのこと。もともと存在しないサイドブレーキやクラッチペダルは、他車種用を流用して追加している。

 

 

搭載したIJZにはSTFオリジナルのJZX100用タービンキット『GT600』を装着。最大ブースト圧1.5キロで約450ps、トルク約60kgmを発揮する。

 

 

エンジン制御は、基本的にJZX100純正コンピュータで動作させ、セッティングをF-CON Vプロで行なっている。エアフロは撤去し、Dジェトロとなる。

 

 

ラジエターとエアコンコンデンサーを固定するステーなどは新規に製作。前置インタークーラーはHPI製のJZX100用キットを小加工でフィッティング。補機類の位置関係をJZX100から大幅変更することなく装着できてしまうのも、スワップがラクな要素のひとつだ。

 

 

外装はレーシーな雰囲気とセダンらしい落ち着きをバランスさせたファイナルコネクションのフルエアロを装着。ホイールは19インチのクレンツェ・クリシュナだ。

 

なお、気になる車検問題についても、TIC(公認改造登録の専門ショップ)等の力を借りれば公認を取得することもできる。そう、レース車両ではなく、ストリートチューンドとしてマークXの1JZ仕様を走らせることが可能なのである。

 

●取材協力:STF 神奈川県座間市栗原920-6 TEL:046-205-7572

 

【関連リンク】

STF

http://tuningshop-stf.com/