「アクセル全開には覚悟が必要!?」ST205セリカの580馬力ターボチューンド登場!

エンジン本体を強化してGT3540タービンをぶん回す!

 

ジャジャ馬を乗りこなす感覚のFFフルチューン

 

三重県のトップフューエルは、車種を選ばないチューニングをモットーとし、ゼロヨンやサーキットアタックにも力を入れてきたショップ。ハードなチューニングを手堅くまとめ上げるのを得意としている。

 

 

中でも、NA車両へのボルトオンターボは得意で、ゼロヨンブームのころには多くの車種に向けたキットを独自で設定、たくさんの快速チューニングカーを世に送りだしてきた。

 

 

ここで紹介する車両も、NAのST205セリカをベースにボルトンターボ化、時間をかけてステップアップを重ねてきたものだという。

 

ちなみに、最初はノーマルエンジン+ミニマム過給の250ps程度だったものが、ステップアップを続けてくるうちに、ピークパワーはなんと580psというモンスターに成長。

 

 

核となるエンジンは、東名パワードのピストンやJUNのコンロッドを使ってハイブーストにも耐える腰下を製作。ヘッドは作用角の大きなカムを投入し、高回転域のパワー追従性能を向上。

 

 

タービンはボルトオンキットのターボネティックス社製250ps仕様に始まり、GT3037S、GT3240、GT3540とステップアップ。現状ではエキマニもワンオフされ、ブースト圧1.6キロをかける。スロットルはパルサー用80φを流用している。

 

 

もともとゼロヨンを中心にしていたが、最近ではサスペンションを硬めのセットアップに変更、ブレーキも強化(セリカGT-FOUR流用)、ミニサーキットにも通うようになった。

 

また、ピーキーなエンジン特性に合わせ、ミッションは純正パーツの組み合わせでクロス化させるなど、バランス感覚のある仕様になっている。

 

 

一方のインテリアは、外装に合わせてブルーのアクセントを入れたパーツで統一。6点式のロールケージでボディ剛性も高めている。

 

 

ところで「FFのフルチューン580psってどんな感じ?」とスタッフに訪ねてみたところ「めっちゃジャジャ馬で、相当な覚悟がないと乗りこなせません(笑) オーナーさんはステップアップを重ねてきたので楽しめていますが、一般的には2.0Lクラスなら300ps前後をターゲットにするとオールマイティに楽しめると思いますよ」とのこと。

 

ちなみに、最近はHKSの遠心式スーパーチャージャーのワンオフ装着の相談も多いという。なんにせよ、多くの実績を持つトップフューエルなら、ボルトオンチューンも任せて安心、相談すればいいアドバイスがもらえるはずだ。

 

●取材協力:トップフューエル 三重県松阪市中道町500-1 TEL:0598-56-5880

 

【関連リンク】

トップフューエル

http://www.topfuel.info