「R31スカイラインに究極のレスポンスを」快感型エンジンを求めてRB20にFCRキャブをセット! | web option(ウェブ オプション)

「R31スカイラインに究極のレスポンスを」快感型エンジンを求めてRB20にFCRキャブをセット!

究極のフィーリングを求めて辿り着いたRB20改FCR仕様!

 

バイク感覚のエンジンを求め拘りの超ロングエキマニも投入!

 

7代目スカイライン、R31型を専門に扱い、多くのチューニングカーも生み出してきたチューニングショップ「R31ハウス」。

 

 

ここで紹介するのは、もともと搭載されているRB20ユニットを活かしたチューンドだ。

 

 

エンジンは初期型RB20のまま、フィーリングを求めてバイク用の高性能キャブレターとして有名なFCRキャブによる6連スロットルチューンを実行。

 

 

合わせてカムシャフトもリフト量が10mmと大きな東名パワードのプロカムを投入。エキマニは超ロングタイプの等長をセットし、バイクのようなレスポンス型ユニットに仕上げている。

 

 

排気系には中間タイコ&スポーツキャタライザーをシッカリと装備し、保安基準に適合するスペックを与えている。公認も取得済みだ。

 

 

足回りは、車高調はもちろん、エンドレスの6ポットキャリパーや前後の強化スタビなど最高の装備を投入。

 

 

なかでも有効なのが、セミトレーディング式のリヤサスペンションのロアアームを調整式にすること。純正アームでは矯正しきれないアライメントを整えることで、巡航時の直進性まで向上、街乗りからその効果を体感できるという。

 

 

エクステリアはホモロゲーションモデルのGTS-Rルックで、脱着式の外板はカーボン製に交換されている。足元を飾るTE37SLを含め、エクステリアパーツにもセレクトに妥協はない。

 

 

また、ライティングパーツにはHIDやLEDを使うなど、今流のテイストも盛り込まれている。

 

ちなみにこの車両はオーナーが新車から乗り続けているもので、コンディションも抜群。愛情を強く感じるチューンドだ。

 

●取材協力:R31ハウス 岐阜県加茂郡坂祝町黒岩1081 TEL:0574-28-0899

 

【関連リンク】

R31ハウス

https://www.r31house.co.jp/