「この見た目でも走りは本気!」やりたいことを詰め込んだランエボ7アンチ定番スペック!

公開日 : 2019/05/07 06:30 最終更新日 : 2019/05/07 06:30

アンチ定番を目指したチューンドランエボ7(CT9A)

 

この見た目でもサーキットを走る!

 

紅紫のボディカラーとメッキのファイヤーパターンバイナルに加えて、ストロボやネオン管まで装着したCT9A。スタイリングはスポコンテイストを全面に押し出すドレスアップ仕様だが、そのイメージとは裏腹にサーキットでの走りも睨んでチューニングされている異色の1台だ。

 

「こんなクルマでもサーキットを走れるんだぜっていうのをアピールしたくて、走りのチューニングをしつつ、あえてそれとは真逆を行くスポコンテイストのオールペンやオーディオなど自分のやりたいことをやっています」とオーナー。

 

 

そのマシンメイクで目を引くのが、10.5JのワークエモーションCR極を装着するために工夫されたオーバーフェンダーだろう。

 

 

当時はラインアップ最大幅の10.5J+22というホイールサイズはCT9Aにとってかなり大きく、タイヤハウスの広いフロントならギリギリ装着できるが、リヤは完全に内側がヒットしてしまう。そのため、純正リヤフェンダーを大胆にカットして40mmのオーバーフェンダーを装備。さらに、25mmのワイドトレッドスペーサーをかませることでツライチに持っていっている。

 

 

また、バリスやイングスからセレクトしたエアロをそのままではなく、加工装着していることもこのCT9Aの見所。例えば、フロントバンパー開口部をより大きくしたり、イングス製リヤバンパーとバリス製リヤフェンダーを一体化して成形し直したり…といったカスタマイズを施す。これはオーナーの「定番アイテムをそのまま装着したくない」という拘りの表れだ。

 

そしてオーナーが「メタリックマゼンタ」と呼ぶボディカラーは、好きな色であるパープルに少しずつピンクを混ぜるなどして色調を調整し、30回以上に渡る調合を経てたどり着いた、このCT9Aのみのスペシャルだ。細部の加工によって迫力を増したエアロと併せて唯一無二の存在感を発揮している。

 

 

無論、サーキットを走れるだけのポテンシャルアップも忘れない。エンジンは腰下のバランス取りを行ったエボ7ベースの4G63に換装。その上で、エボⅨ純正タービンを流用する。そして、吸排気系から燃料系まで見直すことで約450psを発生。よく走るという鈴鹿南サーキットを走るには、十分な動力性能が与えられている。

 

 

「クリアランスがギリギリのエアロだけでも大変なのに、60kgのトランクオーディオも積んでいるので、正直走りに関してはかなりハンデがあります。だからこそ、これで内装ドンガラのサーキット仕様についていけたら面白いんじゃないかなぁ…なんて思ってるんですけどね」。

 

 

なお、現仕様はエクステリア、エンジンチューンともに発展途上にある。そして「最終目標は、OPTION誌の表紙を飾ること」と語るオーナーの表情は、自信に満ち溢れていた。