「Z34にスーパーチャージャーを2機がけ!?」750馬力を安定発揮させる公道最速仕様! | web option(ウェブ オプション)

「Z34にスーパーチャージャーを2機がけ!?」750馬力を安定発揮させる公道最速仕様!

GTS7040コンプレッサーを左右バンクに搭載!

 

数多くの難関を乗り越えて誕生した750psのツインスーパーチャージドZ34

 

HKSのGTスーパーチャージャーを軸にした、オリジナルの車種別キットを展開するカーメイキングレヴュー。これまで様々な車種のスーパーチャージャー仕様を世に送り出してきたが、その中でもチューニング業界に衝撃を与えたのが、このZ34だ。

 

 

なんと、VQ37VHRエンジンの左右バンクにそれぞれGTS7040スーパーチャージャーを搭載する、ツインターボならぬツインスーパーチャージシステムを作り上げたのだ。

 

GTS7040はオイルパンのすぐ上あたりの左右バンクそれぞれに装備されているが、クランクシャフトから伸ばした1本のベルトで2機のチャージャーを駆動させるための配置には、相当苦労したそう。

 

 

GTS7040は1機でも400psを出力するポテンシャルを持つスーパーチャージャーだ。ノーマルのエンジンでは間違いなくキャパ不足との判断から、オリジナルの鍛造ピストンとH断面コンロッドを開発。腰下の強度アップはもちろん、圧縮比を11から10.5まで落とすことで、ハイブーストへの対応力も高めた。

 

 

さらに、サージタンクも大容量タイプを製作。純正の左右バンク一体型を別々にセパレートし、さらにファンネルを設けるなどして充填効率を高めている。

 

燃料系についても、Z34は燃料ラインが燃料ポンプからエンジンまで一方通行のワンライン(リターンレス構造)で、そのままでは容量が足りない。そこでサードの大容量燃料ポンプを2基がけし、さらにリターン配管を新たに製作して強化した。

 

 

こうした数々のチューニングを経て、最大ブースト圧1.2キロでピークパワー750ps、トルクも86kgmというハイパワーを引き出すことに成功したのだ。

 

 

もちろん冷却チューンも徹底されている。エンジンオイルクーラーをインタークーラーの手前にセット。同時にエアを抜くことができる加圧式ラジエターリザーブタンクとローテンプサーモによって水温を安定させている。

 

 

リヤビューを引き締めるマフラーは、Z33用としてリリースされているHKS製のフルデュアルマフラーを加工装着。排気効率の向上を図り、ツインチャージャーのパワーをしっかりと引き出す。

 

 

一方のサスペンションは、HKSのハイパーマックスIIIスポーツをベースに、コイルスプリングはスウィフト製をセレクト。ブレーキには前後ともエンドレスのキットを装着するなどハイパワーを確実に受け止める足回りを作り上げた。

 

 

ここまでのハイチューンスペックながら、ツインチャージャーまで含めて完全な車検対応を実現しているのもこのマシンの凄いところ。さらに、OPTION誌のロングランテストでは東京から九州まで自走(往復)で走破し、その快適性と安定性を証明した。まさに完全無欠のチューンドなのである。

 

●取材協力:カーメイキングレヴュー 千葉県袖ヶ浦市長浦580-74 TEL:0438-60-3133

 

【関連リンク】

カーメイキングレヴュー

https://revyou.co.jp