「1100馬力の快適ストリート仕様!?」老舗ショップが製作したR34GT-R(BNR34)チューンドの究極形態! | web option(ウェブ オプション)

「1100馬力の快適ストリート仕様!?」老舗ショップが製作したR34GT-R(BNR34)チューンドの究極形態!

2.8L+T62Rの組み合わせで得る1000psという脅威のパワー

 

快適装備はフル搭載のストリート仕様!?

 

「BNR34で1000psオーバーのクルマが欲しい」というオーナーの要望に応えてピットロードMが製作したBNR34。

 

 

国内のタービンで最大級の風量を誇るHKS T62R(現在は廃盤)に、同じくHKSのキャパシティアップグレードキットステップIIで2.8L化したRB26DETTを組み合わせ、ビッグシングルタービンのポテンシャルをフルに引き出せるようにチューニング。最大ブースト圧2.0キロ時に1100ps/8000rpm、トルクも110kgm/7000rpmという大パワーを叩き出す。

 

 

タービンの効率を引き出すべくEXマニは47φの3mmステンでワンオフ製作され、ウエストゲートは安定性を狙ったGTタイプ2基がけで制御する。

 

 

マフラーはもともと90φフロントパイプ→ARCチタンマフラーの組み合わせだったが、現在は1000psを生かし切るために100φのフルストレートチタンマフラーをワンオフ製作。圧倒的な排気効率を実現している。

 

 

まさしくモンスターという言葉が似合うマシンだが、そのチューニングコンセプトはドラッグ、最高速ともに速く、街乗りでも快適に走れること。そのため、これだけのハイスペックをマークしながら、エアコンなどの快適装備は全て残されたストリート仕様となっており、軽量化なども特に行っていない。

 

 

ちなみに、インテリアで存在感を主張する鮮やかなピンク地の4点式シートベルトはピットロードMオリジナル。FIA公認のハイクオリティモデルとなっている。

 

「普段は乗りやすさも考えて、ブーストを1.6キロに抑えてピークパワーを800psぐらいに設定しとるんや。パワーバンドは6000rpmから8000rpmとかなり上振りやけど、5速全開でホイールが空転するほどパワーとトルクが出るで」とは、ピットロードMの森下代表。

 

 

足回りに関しては、緑整備センターがラインアップする最上級モデルのナイトロン別タンクトリプルチューブ3ウェイの車高調キットを装着。ミハエル・クルム氏が監修した生粋のサーキットスペックとなる。アーム、ブッシュはイケヤフォーミュラ製の調整式フルピロタイプを組み込んで、サーキットをガンガン走れるスペックを持たせている。

 

 

ニスモ製バンパーのみというシンプルなエアクステリアからは想像もできないフルチューンスペックスをその身に宿す、まさしく羊の皮を被った狼と言える仕様だろう。

 

●取材協力:ピットロードMマシンファクトリー 兵庫県姫路市安富町安志912 TEL:0790-66-3359

 

【関連リンク】

ピットロードMマシンファクトリー

http://www.pitroadm.com/