「新型が登場しようともJZA80スープラは不滅だ!」バランス重視で仕上げられた美しき最高速ファイター | web option(ウェブ オプション)

「新型が登場しようともJZA80スープラは不滅だ!」バランス重視で仕上げられた美しき最高速ファイター

美しいワイドボディを有するT88タービン搭載のストリートスペック

 

鉄板叩き出しのオンリーワンモデル

 

ビジュアルと限界スピードの両立を目指した最高速仕様して製作されたマジックのJZA80。近年はFD3Sの4ローター仕様をフォーミュラDジャパンで走らせていることで有名なマジックだが、創業当初から熟成を重ねてきた同社の看板マシンの1台である。

 

 

ハードチューンに対する適応力とそのポテンシャルを高く評価し、ハイカムを組み込む他は、2JZエンジン本体はノーマル状態をキープ。タービンは数年前、それまで使っていたT88-34DからT88H-34Dへと変更。インジェクターも1000ccへと容量アップが図られた。

 

 

その際、出力の上昇に伴い「トレッドとタイヤ幅の拡大」という大義名分の元、オリジナルワイドフェンダーのワンオフ製作に着手。フロントは社外FRPフェンダーをベースにファイバーを追加し、ワイド化とデザインの見直しを敢行。ホイールサイズは10.5J+45で、25mmスペーサーをプラス。

 

 

そしてリヤは、鉄板を叩き出しによる加工となる。ノーマルに近いラインを残しながらオーバーフェンダー風の張り出しを与え、全幅を2mジャストにまで拡大。ホイールは10.5J+15で20mmスペーサーを追加する。

 

 

もともとマジックはチューニングカーだけでなく、KカーやVIPセダンなどのカスタマイズも得意とする。このJZA80ではこれまでに培った経験とノウハウを結集し、下品ではなく、美しさと存在感が共存するフェンダーラインの構築に尽力したのだ。

 

 

なお、フロントバンパーはアピール性と空力に優れるトップシークレット製をチョイス。ワイド化に伴って一部を加工する他、ワンオフのカナードとフロントディフューザーを装備している。

 

 

トレッド拡大によるレバー比の変化は、バネレートや減衰特性を中心としたサスチューンの再構築で対応。その結果、スタビなども併用したセットアップを推進し、感覚的には適度にロールさせながら、4輪の接地性を高い次元でバランスさせることに成功。路面のうねりも柔軟に吸収しながら、限界スピード域でも不安なく踏み切っていけるストリートファイターに仕上げられている。

 

スペック

エンジン:トラスト T88H-34Dタービン、エアクリーナー、EXマニ、フロントパイプ、マフラー、インタークーラー、オイルクーラー/HKS EVC、F-CON Vプロ/サード インジェクター(1000cc×6)、フューエルポンプ/マジック ラジエター/エクセディ カーボントリプルクラッチ/ATS カーボンLSD ■サスペンション:マジック N1ダンパー(F14kg/mm R12kg/mm)/アルコン キャリパー、ローター/アクレ パッド ■ホイール&タイヤ:ボルクレーシングTE37(F10.5J+45スペーサー25mm R10.5J+15スペーサー20mm)/ポテンザRE-01(275/35-18) ■エクステリア:マジック ワンオフワイドボディ、LEDテールランプ、イカリング化ヘッドライト/トップシークレット フロントバンパー改/アブフラッグ サイドステップ改/トライアル リヤバンパー改/サード GTウイング

 

●取材協力:マジック 兵庫県西宮市山口町船坂119-2 TEL:078-903-3422

 

【関連リンク】

マジック

http://www.tcp-magic.com