「最大トルクは驚異の110kgm!」速さと美しさを兼ね備えた漆黒のストリートR35GT-R | web option(ウェブ オプション)

「最大トルクは驚異の110kgm!」速さと美しさを兼ね備えた漆黒のストリートR35GT-R

3.8Lフルチューン仕様で856馬力を発生!

 

325サイズを使い切るパワーと足回りのセットアップ

 

第二世代GT-Rのユーズドカーを中心に展開しつつ、パワーチューニングも得意とする「グローバルオート」。同社のデモカーであるR35(2011年モデル)がメインターゲットとしているステージは、サーキット&ハイスピードクルージング。前後に収まる極太の325サイズタイヤは伊達でなく、鈴鹿サーキット2分14秒05、岡山国際サーキット1分37秒76の快速ぶりを誇るマシンだ。

 

 

心臓部のVR38DETTエンジンは、腰下にHKSの鍛造ピストン&H断面コンロッドを組み、ヘッドにもHKSのハイカム&強化バルブなどを投入して3.8Lのまま強化。各構成パーツには、高硬度化と摩擦摩耗特性の向上を目的にフルWPC処理を施している。

 

組み合わせているタービンは、HKSのGTII7467シンメトリーツイン(GT900キット)だ。現車合わせのECUセッティングで856ps/110kgmを叩き出している。

 

 

もちろん駆動系にもフルに手が入れられていて、HKS製の強化ミッション&クラッチを装着。前後の機械式LSDに加えて電子パーツ(ATSC)による前後トルク配分の変更で、コーナーからの鋭い立ち上がりを実現させている。

 

 

足まわりはフルピロ化でソリッドさを増したアーム類に、しなやかさを追求したHKSハイパーマックス4 SP改車高調の組み合わせ。ドライカーボン製の外装も投入し、トータルチューンでパフォーマンスを高めている。

 

 

そして前後12JのボルクレーシングG50ホイールに組み込まれるのは、なんと325サイズのミシュラン。ブッシュ類はフルピロ化され、アッパーアーム変更でネガティブキャンバー角を追加。ブレーキはエンドレス製モノブロックキャリパーシステムを投入し、制動力を極限まで高めている。

 

 

サーキットで効果を発揮するエクステリアチューンも敢行。ワイドボディのエアロキットは関西サービス製で、高速域でのフロントタイヤ接地感を求めカナードを追加している。ドアとトランクフード、ルーフなどはドライカーボン製に交換し、軽量化もしっかり追求。

 

 

一方のインテリアは、鈴鹿2分14秒台の快速ランナーながらストリートの雰囲気を強く残している。レカロ製のスポーツシートは運転席がフルバケット、助手席がリクライニングタイプ。もちろんエアコンもしっかり作動する。

 

 

「R35のコーナリング特性と車重、さらにアップダウンのある鈴鹿と岡山国際を考慮して導き出されたのが800ps以上のパワー。エンジンパーツのWPC加工やポートの鏡面加工も施して、耐久性とレスポンスも追求しています。今回はサーキット寄りの仕様ですが、完全ストリート仕様ならタイヤはRE-71Rが良いでしょうね」とは、グローバルオート安居さん。

 

 

一般的なユーズドカー専門店とは異なり、パーツの開発と車両メイクの過程で多くの経験値も得てきたグローバルオート。なにより、エンドユーザーにフィードバックするため積極的にデモカーを走らせる姿勢は信頼に値するショップの証と言えるだろう。

 

スペック

■エンジン:HKS 鍛造ピストン、コンロッド、ハイカム、GT900ハイブリッドタービン、マフラー、インタークーラー、EVC6/グローバルオート ECU ■ドライブトレイン:HKS 強化ミッション、クラッチ、DCTクーラー、ATSC ■サスペンション:HKS ハイパーマックス4 SP 車高調(F18kg/mm R16kg/mm)、フルピロ ■ブレーキ:エンドレス MONO6+400mmローター(F)、MONO6+383mmローター(R) ■ホイール:アドバンレーシングGT(12J×20) ■タイヤ:パイロットスポーツカップ2(325/30-20) ■インテリア:NISMOステアリング/レカロ フルバケ/セミバケ ■エクステリア:カンサイサービス フロント、フロントリップ、サイド、リヤ、ワイドフェンダー、ウイング/SEIBON カーボンドア、トランク

 

●取材協力:グローバルオート 大阪府堺市美原区黒山166 TEL:072-363-6666

 

【関連リンク】

グローバルオート

http://www.global-auto.ne.jp