「車検対応700馬力オーバーのR35GT-R!」GT-Rニスモ用GT3タービンを加工流用して全域レスポンス型を実現! | web option(ウェブ オプション)

「車検対応700馬力オーバーのR35GT-R!」GT-Rニスモ用GT3タービンを加工流用して全域レスポンス型を実現!

オーバー700馬力の車検対応ペック!

 

オリジナル加工タービンで全域ハイレスポンス型の特性をゲット

 

R35GT-Rの懐の深さをアピールするため、完全ストリートチューニング仕様の2017年モデルを製作したのが老舗フェニックスパワー。ストリート仕様=ライトチューンというのではなく、保安基準適合の範囲内でパフォーマンスと快適性、耐久性を高度にバランスさせたトータルチューニングが施されている車両だ。

 

 

パワー系で注目すべきは、GT-Rニスモ用のGT3タービンにオリジナル加工を施したGT3改。インペラーのブレード枚数の異なる3タイプのラインアップから、低速からのブースト立ち上がりに優れた11枚羽根のGT3-FB11を選択。得意のECUリセッティングとの組み合わせにより、最大ブースト圧1.6キロ時に730ps/98kgmものパワー&トルクを獲得している。

 

なお、燃料系は容量アップが図られているが、インタークーラーなど冷却系はノーマルのままだ。

 

 

排気系はトラストの70φフロントパイプとキャタライザーにRH9の90φフルチタンマフラーの組み合わせ。新作のカーボンテールフィニッシャーの装着で、引き締まったリヤスタイルを獲得している。

 

 

足まわりは純正減衰力調整機構に対応したアラゴスタTYPE-SAをセット。高レスポンス制御と“COMF”モードのノーマル以上の乗り心地が特徴だ。スプリングはラーナでフロント16kg/mm、リヤ10kg/mmをセットする。

 

 

ブレーキはapレーシングのフロント6ポット、リヤ4ポットキャリパーで強化。タイヤはワインディングでの限界も高いポテンザRE-71Rを組んでいるが、フロント255&リヤ285と、ストリート仕様なのであえて純正の設定を踏襲している。

 

 

一方のエクステリアはフェニックスパワーが製作した2017年モデル専用エアロシステムで武装。先行して発売されていたフロントリップスポイラーに続き、サイドステップとリヤアンダーサイドステップ、テールフィニッシャーが追加となった。

 

 

「チューンのポイントとなるのは、やはりエンジン&ミッションの各ECUリセッティング。最新版のソフトはセッティング幅が広がって、従来以上の緻密な制御が可能になっていますよ。このクルマはあえて完全に街乗りストリート用のスペックですが、オールラウンドで戦える戦闘力はありますよ」とはフェニックパワー横山代表。

 

R35GT-Rを知り尽くしたプロチューナーによるオーバー700馬力の全域レスポンス型GT-R、車検対応でここまで到達できる技術力には感服だ。

 

 

■エンジン:フェニックスパワー GT3改FB11タービン、ECU/RH9 チタンマフラー/トラスト キャタライザー/サード 900ccインジェクター、燃料ポンプ ■ドライブトレイン:フェニックスパワー ミッションCPU/トラスト DCTクーラー ■サスペンション:アラゴスタ TYPE-SA車高調(F16kg/mm R10kg/mm) ■ブレーキ:ap 6ポットキャリパー+410mmローター(F)、4ポットキャリパー+390mmローター(R) ■ホイール:レイズG25エッジ(F10J×20+20 R11J×20+20) ■タイヤ:ポテンザRE-71R(F255/40R20 R285/35R20) ■インテリア:レカロ SR7 ■エクステリア:フェニックスパワー カーボンリップ、サイドステップ、リヤアンダー、テールフィニッシャー/トップシークレット リヤウイング

 

●取材協力:フェニックスパワー(京都店) 京都府久世郡久御山町佐古外屋敷37-2 TEL:0774-48-1157

 

【関連リンク】

フェニックスパワー

http://www.phoenixs.co.jp