「衝撃のダブルGTウイング仕様!」JZA80スープラで筑波55秒台をマークするサーキットスペシャル!

900馬力の強心臓とハイダウンフォースのエアロパーツで筑波55秒458をマーク!

 

軽量ボディの着実なステップアップで上位陣を狙う

 

2019年から本格的に筑波サーキットのタイムアタックを始めたJZA80スープラ(ノブえもん常陽不動産スープラ)。マシン製作およびメンテナンスを行なっているのは、技術派ショップ「ラスティー」だ。

 

 

デビューした昨シーズンに57秒台を記録し、今期はシーズンインと同時に55秒458という自己ベストを記録してタイムアタックランキング30位以内に入るなど、躍進を続けているが、その心臓部はHKSの強化パーツを組み込んだ2JZが軸となる。そこにGTX3584RSタービンをセットして、ブースト2.4キロをかけて900psを絞り出している。燃料はアルコール主体のE85だ。

 

 

重要な制御系は、以前のF-CON VプロからLINLに変更。同時にハーネスも全て作り直している。ボディパネルのカーボン化などもそうだが、ハーネスの間引きによる軽量化もバカにできないのだ。

 

 

エクステリアは非常に個性的だ。リヤはハイダウンフォースを求めて、サードGTウイングとエスプリのGTウイングを前後にセットした衝撃のダブルウイング仕様! 筑波サーキットの場合、54秒台まではドラッグを効かせながらでもダウンフォースを得たほうが速いというラスティー有田代表の結論から実現した選択だ。

 

 

一方のフロントセクションは、ベニアのアンダーパネルとカナードで空力対策。このアンダーパネルをドライカーボン化するなど、今後はさらに重量の軽減と空力対策を施すキャパシティが残されている。

 

 

また、今シーズンはボディのリフレッシュと徹底的な軽量化がバージョンアップのハイライト。ルーフやゲートといった頭上の重量物をカーボンパネルに変更するとともに、細かい部分も削り、車体重量は1190kgまでシェイプされている。

 

 

インテリアは、カーボンドアへの変更とともに純正のダッシュボードも撤去してスパルタンな仕様だ。メインメーターはAIM、ミッションはTTIの4速シーケンシャルドグをセットしている。

 

ラスティー有田代表によると、ドライバーがタイムアタックに慣れてきたため、ここから1秒アップは可能とのこと。底の見えないポテンシャルを秘めたJZA80、今後の進化に注目だ。

 

スペック

■エンジン:2JZ-GTE(最大ブースト圧2.4キロ/900ps) GCG GTX3584RSタービン/HKSピストン、カム、エキマニ、オイルクーラー/LINK ECU/サード ラジエター ■燃料:E85 ■ドライブトレイン:TTI 4速シーケンシャルドグ/クスコ LSD ■フットワーク:DG-5 ラスティー車高調(FR30kg/mm)/ブレンボ 6ポットキャリパー/アドバンA050(295/35R18)/ボルクレーシングZE40 ■エクステリア:RIDOX フロントバンパー/サード&エスプリGTウイング