【GWお役立ち情報】富士スピードウェイで「レース観戦キャンプ」を実践してみた | web option(ウェブ オプション)

【GWお役立ち情報】富士スピードウェイで「レース観戦キャンプ」を実践してみた

平成最後(令和最初)の超大型連休を満喫!!

 

スーパーGTとキャンプを同時に満喫できる! ゴールデンウィークは富士スピードウェイへLet’s Go

 

家族や仲間と観光やドライブ、そしてキャンプに行くという人も少なくないのでは?

 

関東圏であれば、千葉、那須高原、道志川沿いに芦ノ湖や富士ふもとっぱらなどなど、星の数ほどキャンプ場が存在しますよね。

 

 

そんななかで、クルマ好きファミリーにオススメの穴場キャンプスポットが、静岡県の御殿場にほど近い『富士スピードウェイ』。

 

というのも、毎年ゴールデンウィークに開催される国内最高峰の箱車レースイベント『スーパーGT』の期間は、富士スピードウェイの中でキャンプすることができちゃうんです!!

 

 

昼間は富士山を眺めつつレースやイベントを楽しみ、夜は自然の音と空気に包まれて過ごすことができるなんて、最高だと思いませんか!?

 

しかも、小学生まではレース観戦料金がかからないので、ファミリーでも実質1万円チョイというリーズナブルな価格でキャンプを楽しめちゃうのです!

 

「でも、キャンプのための施設が整っているのか心配だな〜」という人もいるでしょう。

 

そこで今回は、そのあたりの事情もしっかりカバーしつつ、2018年のGWに開催されたスーパーGT Rd.2(いち部写真は2018年8月開催Rd.5)で実体験した【富士スピードウェイでレース観戦キャンプ】の様子をレポート!!

 

 

●キャンプに必要な設備はお風呂以外ほぼ整っている

 

 

富士スピードウェイは、国内屈指の国際サーキットなので、トイレや施設内の道路などはとってもキレイに整備済み。グランドスタンドなどにはバリアフリー対応トイレ、おむつ交換台や授乳施設なども備えられています。

 

また、キャンプには欠かせない炊事場や残飯処理場所も用意されていました(写真はパナソニックコーナーとP15の間にあるトイレの脇に設置された炊事場)。

 

 

イベント開場時間中は飲食ブースもたくさんオープンしているので、食事の用意を省略することも可能です。

 

また、サーキット内はシャトルバスが運行されているので、キャンプしているエリアから飲食ブースがあるイベント広場までの移動も、さほど心配することはありません。

 

唯一、キャンプするにあたって不足している設備がお風呂ですが、サーキットを出て近隣の温泉施設に行くこともできるので、汗をかいてしまっても、なんとかなります。

 

●観戦を楽しむ上でもキャンプ泊は有利

 

 

スーパーGTは人気レースなので、オープン、クローズ時には周囲の道路はもちろん、サーキット内でも渋滞は避けられません。一方で、予選日におこなわれるキッズウォークやナイトシアターは遅い時間まで行われていますし、決勝日は朝からイベント進行が始まります。

 

もし2日間とも観戦するなら、外の渋滞に巻き込まれることなく朝から夜まで焦らずゆっくりイベントを楽しめるのも、キャンプ泊のメリットといえるでしょう。

 

疲れたらテントに戻ってひと眠り、なんてこともできちゃいます。

 

●観戦&宿泊にかかる費用もリーズナブル!

 

 

最低限必要となるのが観戦券と一般駐車券。大人二人で2日観戦するならペアチケット(1万円)と駐車料金(1600円)で、イベント広場に並ぶ出展ブースや、グランドスタンド1F席(指定席エリア除く)からの観戦を楽しむことができます。

 

中学生以下なら料金はかかりません(保護者同伴に限る)。

 

もちろん「せっかく行くならマシンやレースクイーンをもっと近くで見たい!」という場合にはグリッドパスや各種指定パスを追加購入すれば良いででしょう。

 

 

ちなみに子供と一緒なら、キッズウォーク(子供と同伴者だけが入れる無料グリッドウォーク)や、キッズプレゼント抽選会、キッズエリア(ふわふわなど)、FUJI JURASSIC WAY(別途入場料が必要)なども楽しむことができますよ。