「これがRX-7(FD3S)ベースって信じられる?」タモンデザインが挑んだ伝説の超絶コンプリートマシン! | web option(ウェブ オプション)

「これがRX-7(FD3S)ベースって信じられる?」タモンデザインが挑んだ伝説の超絶コンプリートマシン!

タモンデザインが挑戦したFD3Sコンプリートフォルム「TDC-057スパイダー」

 

ルーフ750mmダウン&片側35mmワイドで生み出す究極のローフォルム

 

もはやベース車両であるFD3Sの面影は一切なく、その風貌は欧州スーパースポーツと肩を並べても遜色ない「TDC-057スパイダー」。製作したのは、画期的なコンプリートマシンをいくつも生み出し、多くのファンを魅了してきたデザイナー庄司多聞(タモンデザイン)だ。

 

 

そのボディデザインは専用設計された流線的なヘッドライトを軸に構築されたシャープなもの。自然なラインで複雑な立体構造を施したサイドビュー、そして片側35mmワイド化されたフェンダーおよびバンパー一体型のディフューザーがピュアスポーツらしい力強さを感じさせてくれる。

 

 

極めつけはデザイン追求の末に敢行したスパイダー化だ。7.5cmのルーフカットと同時にAピラーとフロントウインドウをチョップドし、究極のワイド&ロースタイルを実現しているのだ。

 

 

ヘッドライトは全くの新規でモノコックから製作された逸品。仕上げにはチタンコーティングを施し、クルマの雰囲気に合わせた高級感をプラスしている。

 

 

ボンネットは、Vマウント化されたインタークーラーから導風板まで一体のデザインだ。大胆なエグリが迫力ある一体感を生み出す。さらに、純正ボンネットよりも低くデザインされており、全体のロー&ワイド感の演出にひと役買っている。

 

 

リヤセクションY34グロリアのテールランプを移植することであえてFD3Sらしさを払拭し、よりシャープなイメージを追求。もちろん、そのまま移植するのではなくLED化などの加工を施す。

 

 

インテリアはダッシュボードやセンターコンソールなどをカーボンで作り込み、シートをアルカンターラで張り替え。シートはあくまでも都会に似合うスーパースポーツをイメージしているためあえて純正を選択しているが、ポジションが低く下げられている。

 

 

スタイリングだけで終わらないのがこのマシンの魅力だ。「デザイン重視でも走れなければ意味がない」という理由から、ボディ各部にルーフカットによって低下したボディ剛性を取り戻す補強を行い、その心臓部にも13Bサイドポート+T51Rタービンの組み合わせで450ps超のハイパワーを発揮する。

 

 

そう、タモンデザインが大胆果敢に挑戦した大作は、れっきとしたストリートチューンドなのだ。

 

●取材協力:タモンデザイン TEL:0598-37-2266

 

【関連リンク】

タモンデザイン

https://tamondesign.com/