「ZC32Sスイスポを10倍楽しむストリートチューンのメソッド」キモは足と吸気系にあり!

公開日 : 2019/04/24 06:30 最終更新日 : 2019/04/24 06:30


速さのキモはサスと吸気系! 俊敏で忠実なホットハッチを目指せ

 

高剛性ボディを活かしたサスチューンに自信アリ!!

 

日常のアシとしての実用性と、ホットハッチとしての走りの楽しさ。新型が登場したとはいえ、あらゆるシーンでまだまだ活躍するZC32Sスイフトスポーツは、オーナーの年齢層も幅広く求めるニーズも多彩だ。

 

 

「まずは、なんといってもFFのコンパクトスポーツですから、曲げてナンボですよ!」とは、トライフォースの柳沢さん。続けて「ZC32Sのサスペンションはロールが出づらく、旋回性能を追求した基本設計になっています。この特性を高めるのが第一歩です」と語る。

 

 

そのキモとなるのが車高調。ZC32Sはボディ剛性が高く、サスがよく動くので、ハイレートのスプリングを積極的に使って回頭性を高めたい。トライフォースではユーザーニーズに合わせて4種類の車高調キットをリリースしているが、ストリート派に推奨しているのが『ZCプレミアムスポーツ』だ。

 

ズバリ、その特徴は“ワイドレンジ”。通勤にも使えながら、峠を本格的に攻められるセッティングとなっている。標準スプリングはフロント8kg/mm&リヤ10kg/mmとハイレート。これに高い減衰力を持つダンパーを組み合わせることで、よりクイックな回頭性を実現するのだ。それでいてダンパースピードは縮み側を速めながら、伸び側をゆっくりとして突き上げを抑えているので、ユーティリティを犠牲にすることもない。

 

 

なお、リヤスプリングは8、10、12kg/mmから選択でき、リヤがハイレートなほどステアリング操作に対するレスポンスが向上する。調整式ピロアッパーマウントを標準装備している。

 

さらに、前後サスの動きをよくするためのパーツもセット。基本、高剛性ボディのZC32Sでは補強は最小限の構成で問題ないが、トライフォースではサスペンションパーツ的な考えでの剛性パーツをリリースしている。

 

 

そうした考えのもと、フロントはトライフォース車高調のピロアッパーマウント専用に開発された『ハイテンションタワーバー』を投入し、アライメント変化を抑制。

 

 

リヤは、サスの動きをよくするためのパーツとして『3Dツイストコントローラー』をセット。これは、リヤサスのスプリングロワマウントとハブマウントを結合し、コーナリング中にリヤハブが動いてしまうのを抑制。トーションビームの余計な動きを抑えることで、コーナリングスピードの向上を実現するアイテムだ。

 

 

組み合わせるタイヤは、18インチのブリヂストンPZ-1で、前後とも215/35-18を選択。接地性を高めるため、デモカーはフロントに6度ほどのネガキャンを付けているが、ストリートに特化させるなら3度半から4度が適正だという。

 

 

一方のパワー系。トライフォースはZC32SのM16Aエンジンに対してハイカムまでを設定しているが、ストリートユーザーに対しては“吸気系+ECUチューン”を奨めている。「あれ、排気系は!?」と思うだろうが、マフラーやEXマニの交換はフィーリング面では影響があるものの、パワーやトルクで効果が現れにくいのだという。

 

「サーキットまで想定するなら排気系にも手を付けたいですが、ストリートなら吸気系重視です! 可変吸気を持つZC32SのM16Aは、高回転域ではZC31Sのパンチ力に譲る部分もありますが、中低速トルクを活かすセットアップで速さを引き出します」とは柳沢さん。

 

 

その言葉通り、インマニ管長をエンジン回転域に合わせて変化させる『可変吸気システム』を搭載するZC32Sにとって、吸気系は最重要パートだ。サクションパイプの長さと径によって様々な特性が演出できるが、トライフォースでは特に中低速トルクを重視した『Airforceインテークキット』を開発。ポン付けで7.7ps&0.7kgmアップを実現する。

 

 

さらに、インテークキットの性能を最大限に発揮させるためのグリルも開発。エアクリーナー専用エアガイドを設定してフレッシュエアを導くだけじゃなく、開口面積を最大限としてラジエターやオイルクーラーの冷却効果も高める。

 

 

そこに専用データが設定された『フルスペックECU』を組み合わせることで、さらなる俊敏さが手に入るというわけ。

 

 

なお、マフラー交換はパワーアップという面では期待値が低い…というのがトライフォースの見解。とはいえ、フィーリングアップへの貢献は絶大で、デモカーは左右2本出しのオリジナル『スーパーバトルマフラー タイプR』を装着する。

 

エンジンも足回りも、ZC32Sチューンの目標は「ドライバーの操作に対してクイックかつ忠実なレスポンス」。トライフォースには様々なユーザーニーズに応えられる、ツボを押さえたチューニングノウハウが揃っているのだ。

 

●取材協力:トライフォースカンパニー 長野県小諸市平原661-2 TEL:0267-31-0751

 

【関連リンク】

トライフォースカンパニー

http://www.tryforce.jp