「RX-7(FD3S)最強進化論」低速トルクを激増させる13B-REWツインチャージ仕様の可能性 | web option(ウェブ オプション)

「RX-7(FD3S)最強進化論」低速トルクを激増させる13B-REWツインチャージ仕様の可能性

ロータリーの弱点である低速トルクの細さを補うを補う最終手段!

 

TO4Zタービン+GTS8550スーパーチャージャーを直列配置!

 

ロータリーエンジンの特徴といえば、高回転まで詰まり感なく伸びる直線的なエンジン特性。また奏でるサウンドまで含め、この独特なフィーリングが好きだというファンやマニアは少なくない。逆にデメリットや欠点とされるのが、低速トルクの少なさだ。特に、チューニング度が増していくと極低回転での街乗りでストレスを感じる場合も多いし、サーキット走行時にミスでパワーバンドを外した場合などはリカバリーが難しくなってしまう。

 

 

そんなロータリーのネガティブポイントを補うべく、13Bチューニングではほぼ聞かないツインチャージャー化を実行したのが富山県の実力派チューニングショップ“サブライブ”だ。

 

 

このFD3Sは、もともと13B-REWエンジンにジャストフィットと言われるTO4Zタービンをセットしていたのだが、このタービンが真価を発揮するのは高回転域。街乗りの低回転域ではトルク不足を感じるシーンも多かった。そこで、HKSのGTS8550スーパーチャージャーを組み合わせることで、低速からまるで3ローターかそれ以上とも感じられるトルクを発生させることに成功、まさにオールマイティな特性のエンジンに仕上がった。

 

 

重要なエンジンマネージメントはF-CON Vプロ3.4が担い、ブーストコントローラーは以前からの名残でEVC-Sが付いているが、ウエストゲートスプリングの減圧でブースト圧を管理しているため実質的には使っていないとのこと。最大ブーストは約1.1キロで、最高出力は480psに達している。

 

 

なお、吸気温度が上がりやすいツインチャージャーのため、Vマウント化などでクーリングチューンも徹底。また、エンジンの発熱量増加対策としてHKSのオイルクーラーを右フェンダー内に追加。ナンバー後方にあるコアはスーパーチャージャーの作動油の冷却用だ。

 

 

一方の排気系は、サブライブによるワンオフ品となる。ロータリーらしいサウンドを演出しつつ、パフォーマンスを高めた13Bエンジンの排気をしっかりと抜き出す性能重視の逸品だ。

 

 

完成した車両は若きオーナーが日々乗り回しているそうだが、その溢れるトルク感に大満足とのこと。トルクの細さに嘆くロータリー乗りにとって、このツインチャージャー化は非常に現実的であり、まさに夢のチューニング法と言えるだろう。

 

●取材協力:サブライブ 富山県富山市手屋2丁目18-20 TEL:076-482-3758

 

【関連リンク】

サブライブ

http://www.sabulive.jp/