「マイナス200キロの軽量化!」車重1300キロ台を達成したGT-R(BNR34)サーキットスペック! | web option(ウェブ オプション)

「マイナス200キロの軽量化!」車重1300キロ台を達成したGT-R(BNR34)サーキットスペック!

RB26改2.8L+GTIIタービンで750馬力を絞り出す!

 

徹底した軽量化で車重は1340キロまでシェイプ!

 

この漆黒のBNR34は、タイムアタックマシンをはじめパワーチューンを得意とする三重県のエスプリが製作したサーキット仕様だ。

 

円熟のRB26DETTはもちろん、ボディ剛性やその他メカニズムも含めて第二世代GT-Rの完成形と言われるBNR34。しかし、車重といった面では他モデルと比較すると重さが目立ってしまうのが難点だ。

 

 

そこでエスプリは、ヒーターやエアコンといった装備に加えて、リヤシートなど不要なパーツは徹底的に排除。さらにドアやトランクにはワンオフのカーボンパーツを装着。また、サイド&リヤウインドウをアクリル製に取り替えるなどして、トータルで200キロ近い軽量化を果たしている。

 

 

そして軽量化のみならず、エンジンはHKSの2.8Lキットで排気量を拡大。そこにGTIIタービンを組み合わせることで、最大ブースト1.5キロ時に750psのパワーを獲得。ピークパワーだけを求めるのではなく、Vカムシステムの装着で低回転域からトルクを立ち上げ、コーナーからストレートまで、全域で速さの底上げが行われている。制御はもちろんF-CON Vプロだ。

 

 

排気パートも軽量化を考えて、マフラーはエスプリオリジナルのチタンシングルをセット。軽さを追求した車両だからこそ、強度に優れるため薄肉化によって軽量に仕上げられるチタンが用いられる。

 

 

一方の室内はサーキットスペシャルらしくスパルタンな印象だ。ロールケージは開口部の剛性を高めるためドア部をクロスバーレイアウトとすることで、ハイパワーに対応したボディを作り上げている。

 

「BNR34も、ステージに合わせたマシンの作り方はほぼ確立しています。ただ、そのセオリーに沿いながらも新しいパーツを使用してさらに細部を煮詰めていけば、まだまだ速くなるでしょう。そのため、やり尽くされたと考えるのではなく、まだまだこれからもやることは山積みと言えるでしょうね」とはエスプリ前川代表。

 

 

チューニングが円熟期を迎えた感のある第二世代GT-Rだが、今なおGT-R専用パーツは登場し続けている。そうしたニューパーツを使いながらチューナーがアイディアを絞り出すことで、第二世代GT-Rはまだまだ進化していくというわけだ。

 

スペック

■エンジン:RB26DETT改2.8L、HKSキャパシティアップキット、GTIIタービン、エキマニ、Vカムシステム(IN&EX264度)、F-CON Vプロ4.0/ニスモ サージタンク/HPI エアクリーナー/トラスト オイルクーラー/エスプリ オリジナルチタンマフラー ■ドライブトレイン:ATS カーボンクラッチ、カーボンLSD ■ブレーキ:エンドレス ブレーキキャリパー、ブレーキローター ■エクステリア:ニスモ フロントバンパー、サイドステップ/エスプリ GTウイング ■ホイール:ボルクレーシングTE37SL ■タイヤ:ハンコック ヴェンタスTD(295/30-18)

 

●取材協力:エスプリ 三重県鈴鹿市住吉3-19-1 TEL:0593-70-8080

 

【関連リンク】

エスプリ

http://www.esprit.to