Z34にワンランク上のカッコ良さを与える大人向けエアロシリーズ「ゼニスライン」の真髄 | web option(ウェブ オプション)

Z34にワンランク上のカッコ良さを与える大人向けエアロシリーズ「ゼニスライン」の真髄

大人がスマートに乗れるZ34エアロフォルム!

 

伸びやかなシルエットこそ真骨頂

 

かつてのスポコンブームを牽引したウェーバースポーツが「大人がスマートにスポーツを楽しめるツール」として発足させた『ゼニスラインモデル』。開口部とNC旋盤で逆Rに縁取られたエッジがデザインシンボルとなり、メリハリのある造形を創出。エアロによって潜在するカッコ良さを最大限に引き出すことをコンセプトに掲げて展開し、ナイトシーンにも違和感なくフィットするセンスを目指す。

 

 

しかも「張りぼてのエアロなど必要ない」と断言し、一般的なドレスアップ系エアロとは明らかに一線を画す。「スポーツカーへの装着を前提とする以上は、機能性を無視することなく、ハイセンスに仕立てるべき」という姿勢を貫く。例えばサブダクトはダクトフィンやLEDデイライトの装備にも対応しているが、もともとはオイルクーラーなどの冷却用として使うため、大開口が確保されている。同様にリヤバンパーの開口部も機能性を強く意識した設計で、走行抵抗となるパラシュート効果を軽減し、なおかつマフラーが発した熱をスムーズに排出することをイメージしている。

 

 

こうした真摯な取り組みは高く評価され、Z33やRX-8など、これまでに手掛けた車種の多くで、絶大な支持を得ている。Z34用エアロの開発においても、スポーツカーらしさを引き出すことに拘り、前後バンパーの拡大やリヤのシェイプアップなどをデザインワークのポイントに挙げる。

 

 

発端はワイドでホイールベースが短いZ34のシルエットだった。全幅に対して前後の造形スペースが狭く、あまりに唐突感な印象のため、フロントはボンネットのラインを継承しながらノーズを延長。リヤもハッチの造形を受け継いで延長を図り、ボリュームを適度に絞ることを忘れない。伸びやかなシルエットこそ、ゼニスラインの真骨頂である。

 

 

また、フロント/サイド/リヤの基本パーツの他、アンダーパネルやダクトフィン、リヤウイングなどの周辺パーツ、さらにはシンプルな造形と強いコンケイブで魅せることに特化したオリジナルホイール“ゼニス5ライン”も用意。「一気に仕上げてしまうのではなく、少しずつステップアップを重ねながら、末長くZを楽しんで欲しい」という願いが込められている。

 

●取材協力:ウェーバースポーツ TEL:078-969-3510

 

【関連リンク】

ウェーバースポーツ

http://www.webersports.jp