「NDロードスターにブーストパワーを!」世界で1000台以上に装着された名作ボルトオンターボキットで決める! | web option(ウェブ オプション)

「NDロードスターにブーストパワーを!」世界で1000台以上に装着された名作ボルトオンターボキットで決める!

世界中で1000台以上に装着された名作ターボキットがND用にも登場!

 

まるで自然吸気のまま排気量アップの感覚

 

オーストラリア発のメーカーとして50年以上の歴史を持ち、日本以外にアメリカ、タイと4つの拠点を持って活動を続けているAVOターボワールド。ロードスターでは90年代にいち早くNA、NB用ターボキットを投入。現在では廃盤となったが、世界で1000台以上の実績を誇った名作として知られている。

 

 

そのAVOが、新車発売に合わせて再びターボキットを製作したのがNDロードスター用モデルだ。

 

採用したタービンはギャレットのT35。1.5LのP5-VPエンジンと組み合わせると最大ブースト0.5キロ制御で純正比約70psアップ、ピークでは実測200psを超えるパワーを生み出すことが可能だ。競技用としてもアメリカのタイムアタックシリーズであるグローバルタイムアタックに参戦する車両にも採用され、各地でラウンド優勝し実力を発揮している。

 

 

ここまで聞くとよくある後付けターボならではの扱いづらさ、俗にいうドッカンターボを想像するかも知れないが、このターボキットの最大の特徴は高回転よりむしろ、街乗りでも体感できる低中回転域の乗りやすさにある。

 

 

代表的である江角さんの「(ターボ化することで)1.5Lが自然吸気のまま2.0Lになるようなイメージ」という通り、ライトウェイトスポーツ感を損なわない全域で実感できるトルクアップをAVOによる現車セッティングで実現しているのだ。

 

 

ちなみに、AVOによるCPチューンはパワープラスという純正ECU書き換えツールを使う。車両ごとの固有情報ごと純正データを吸い出しバックアップすることが可能で、ターボ化や現車セッティングの後もバックアップデータを用いることで、ディーラー持ち込みの際にECU書き換えが原因で断られるトラブルを回避できる。

 

なお、キットにはタービンの他、放熱塗装を施したインタークーラーや、インテークパイプ、エアクリーナー、オイルラインなどターボ化に必要なショートパーツはすべて含まれる。価格は50万円だ。

 

 

気になる車検問題についても、純正一次触媒および二次触媒の組み合わせで音量規制をクリアするマフラーを装着すれば問題なくパスできるとのこと。堂々と安心してターボパワーを楽しめるコンプリートキットというわけだ。

 

●取材協力:AVOターボワールドジャパン 東京都昭島市武蔵野2-13-13 TEL:042-549-1296

 

AVOターボワールドジャパン

http://www.avoturboworld.jp