「このクルマのベース車両が分かる人などいるのだろうか…」衝撃のカスタムマシン登場! | web option(ウェブ オプション)

「このクルマのベース車両が分かる人などいるのだろうか…」衝撃のカスタムマシン登場!

ランエボ顔で180SXテールを持つDC2インテグラ爆誕!

 

ホンダ・ミツビシ・ニッサンのコラボマシン!?

 

実物を見たときの衝撃たるやハンパではなかった。フロントはランエボⅨ顔で、リヤビューは180SX。その実は、DC2インテグラという奇想天外マシンなのだ。メーカーもデザインも全く違うモデル同士なのに、よくぞここまで綺麗に仕上げたものである。

 

 

事の発端は、オーナーがBMWのライトを移植したインテグラを雑誌で見て共感を覚えたところから。ただ、あれこれ調べているとBMWのライトは新品で片側9万円前後することが判明。それでは予算的に厳しいという事でBMW顔を移植する計画は断念。そこで2連以上のプロジェクターHID化ができるライトを探していたところ、ランエボⅨに行き着いたそうな。

 

 

制作工程は、まずはランエボⅨのライトとコアサポートのライト固定部をDC2に移植。フェンダーもDC2の取り付け部分だけ残してランエボのフェンダーを合体。バンパーは幅を詰めてつじつまを合わせ、ボンネットはDC2用をベースにライト周りのカットだけ加工して作り上げた。

 

 

そしてリヤまわりは「誰もやってない仕様にしたい」というオーダーをもとに、180SXの移植を提案。180SXの事故車から外したリヤパネル一式とテールレンズ類を移植し、D-MAXの180SX用ブリスターフェンダーキットを使ってボディラインを整形している。

 

 

なお、リヤハッチはエンド部分だけ180SXから移植しているが、キャッチ周辺の高さが合わなかったので大加工して違和感のないフォルムを作り上げている。

 

 

また、ブリスターフェンダー化するとフューエルリッド部分だけ凹んでしまうケースが多いのだが、マグネットロックと鍵付きのフューエルキャップを利用してボディラインにあったフューエルリッドを実現しているこうした細かい処理が完成度に影響するため、手を抜かずにキッチリと作り込まれている。

 

 

エクステリアに負けじとエンジンもカリカリにイジられているのが、このマシンの凄いところ。心臓部は戸田レーシングの82φピストンが組み込まれたボアアップ&ハイコンプ仕様で、5次元のエキマニとアミューズのR1チタンマフラーが作り出す高周波エキゾーストサウンドは刺激的だ。

 

完成までには1年を費やしたそうだが、その甲斐あって高完成度を誇る唯一無二のカスタムインテグラが誕生。オーナーのカスタム魂には感服だ。