「これぞJZA80スープラのストリート番長仕様」街乗りでの快適性をトコトン追求した550馬力の万能型スペック! | web option(ウェブ オプション)

「これぞJZA80スープラのストリート番長仕様」街乗りでの快適性をトコトン追求した550馬力の万能型スペック!

街乗りでの快適性とハイパワー化を追求したオールラウンダー!

 

ピックアップ重視でTD07S-25Gタービンをセット

 

このJZA80スープラは、街乗りでの快適性を追求しつつハイパワー化を実現した純然たるストリートチューンドだ。「このスープラは長く乗り続けているお客さんのクルマですが、比較的街乗りでの快適性を優先したチューニングとなっています」とはマシン製作を担当したマテリアルオートファクトリー福島さん。

 

 

続けて「タービンも変更していますが、ストップ&ゴーの多い街中を想定し、低速域からトルクが出るようにタービンのエキゾースト側を小さくしています。サーキットを主体に考えたら、もう少し違ったアプローチも考えますが、現在の使い勝手ではこの仕様がベストセッティングと考えています」。

 

 

その言葉通り、ミドルクラスのTD07S-25Gタービンをセットした2JZエンジンは、街乗りでの気持ち良さを重視したセッティングが施される。タービン交換に合わせてインジェクターはサードの850ccに変更し、F-CON Vプロ+プロフェックによる制御でブースト圧1.8キロ時に550psを発揮するスペックだ。

 

 

チューニングカーとしての迫力を表しているエクステリアは、織戸学プロデュースのエアロブランド“リドックス”のボディキットを軸に構築。リヤのGTウイングはボルテックス製を合わせている。

 

 

足元はコンケイブディスクを特徴としたエンケイRS05RRをセット。タイヤはサイズの都合でフロントにZIIスーパースペック、リヤにグッドイヤーRSを組み合わせている。

 

 

一方のインテリアも、基本はストリートマシンとして仕上げられるため快適性重視のクリーンな仕様。追加メーターを美しくレイアウトし、ステアリングはMOMOドリフティングを組み合わせた定番のスタイリングだ。

 

 

シートは質感とホールド性を重視したレカロRS-Gをドライバーズ&ナビともに装備する。

 

 

まさに速さと快適性を併せ持つ万能型スペック。チューニングの王道を強く感じるスープラだ。

 

スペック

■エンジン:トラスト TD07S-25Gタービン、エキマニ、プロフェック、インタークーラー、オイルクーラー/HKS F-CON Vプロ/サード850ccインジェクター、燃料ポンプ/コーヨー ラジエター/R1チタンマフラー ■駆動系:ATS カーボンツインクラッチ/OS スーパーロックLSD ■サスペンション:HKS ハイパーマックス4SP(F20kg/mm R16kg/mm) ■ホイール:エンケイRS05RRR(10.5J×18) ■タイヤ:F ディレッツァZIIスタースペック(295/35-18)、R イーグルRS(285/35-18) ■エクステリア:リドックス ワイドボディキット、フロントバンパー、サイドステップ/ボルテックス リヤウイング 他