「GRBインプレッサ最先端チューン!」実用域で60kgm近いトルクを発生させるツインチャージャー400馬力仕様が凄い! | web option(ウェブ オプション)

「GRBインプレッサ最先端チューン!」実用域で60kgm近いトルクを発生させるツインチャージャー400馬力仕様が凄い!

GT2835タービンにGTS7040スーパーチャージャーをドッキング!

 

回転上昇スピードが大幅短縮!

 

バリスのワイドフェンダーで身を包んだ美しいGRBインプレッサ。サーキット志向の強いユーザーチューンドだが、あくまでストリートカー。大小さまざまなサーキットへの適応と移動に使うストリートでの快適性の両立を求めて、カーメイキングレヴューでステップアップを続けてきた1台だ。

 

 

エンジン本体ノーマルのままHKSのGT2835タービンをポン付けした仕様でしばらくサーキットに通っていたが、モアパワーを求めて、カーメイキングレヴュー/t-get/インプレッサネットの共同開発で誕生したダブルチャージャーキットをインストール。これは、ターボチャージャーはそのままにHKSのGTS7040スーパーチャージャーを加えるというツインチャージシステムだ。

 

 

エンジン制御は燃調などをF-CON Vプロで行い、フラッシュエディターでバルタイや電子制御スロットルをコントロール。ツインチャージはエンジンの要求する吸気量が大きく、高回転ではどうしてもブースト圧が過剰に上昇しがちなので、電子制御スロットルによる制御も積極的に取り入れているのだ。

 

 

なお、クランクからの出力でスーパーチャージャーを駆動させるため、どうしてもロス出力が発生してしまう。そのロスを最低限にすべくアドバンスのハイエフェンシーオルターネーターを装備。発電量のアップと安定はチューンドエンジンには欠かせないものだ。

 

 

一方の排気系はHKSで統一。メタルキャタライザーと80φのスーパーターボマフラーをセットして、保安基準内で背圧をコントロールしている。

 

 

また、ツインチャージは当然ながら発熱量が増えるため、オイルクーラーやクーリングボンネットを投入してクーリング対策も施すことは必須だ。

 

 

最高出力は、エンジン本体がノーマルのため耐久性も加味して400ps弱(約58kgm)になるように抑えているが、以前のGT2835仕様の時と比べてパワーバンドが低速側に大きく広がり、トルクが増えた分回転上昇スピードが大幅にアップ。シャーシダイナモで計測したところ、1900〜3700回転までの約1800回転の推移が4.69秒から3.67秒へと1秒以上も早くなっているというから驚かされる。やみくもに最高出力を求めるのではなく、実用域での速さを追求したチューニングプランというわけだ。

 

 

このツインチャージシステムはすでに生産を終了しているが、レヴューでは特注での対応を続けているとのことだから、興味のあるGRBオーナーは問い合わせてみてはいかがだろうか。

 

●取材協力:カーメイキングレヴュー 千葉県袖ヶ浦市長浦580-74 TEL:0438-60-3133

 

【関連リンク】

カーメイキングレヴュー

https://revyou.co.jp