歴史的名車「メルセデスベンツW124」に国産チューニング魂を全注入! 心臓部は掟破りのRB26DETTユニットを換装! | web option(ウェブ オプション)

歴史的名車「メルセデスベンツW124」に国産チューニング魂を全注入! 心臓部は掟破りのRB26DETTユニットを換装!

ドイツの名車にシングルターボ仕様のRB26DETTエンジンを搭載!

 

GT-Rのデフを流用してファイナルギヤも最適化

 

現在もなお、メルセデスベンツ・ファンの目を魅了してやまないモデルが1986年に登場したEクラスの始祖とも言える「W124シリーズ」だ。メルセデスの企業哲学である「最善か無か」という言葉を尊守した最後のモデルと呼ばれ、1995年の生産終了まで(ワゴンは1996年まで)に、W124シリーズは日本市場だけで6万台以上をデリバリーしたミディアムセダンでもある。

 

そんな歴史的な名車(300CE)に、チューンドRB26DETTを搭載してしまった問題作がこちら。

 

 

生粋のチューニング好きだったオーナーが、そろそろ落ち着こう…とW124を購入。しかし、すぐに悪い虫が騒いでチューニングを開始。当初はドイツ産のメルセデス専用パーツを使ったパフォーマンスアップを検討していたのだが、コストに対して得られるパワーが非常に低い。ならばと、国産最強ユニットであるRB26DETTの換装という魔改造に踏み切ったそうな。

 

 

RB26エンジン搭載にあたってはメンバーやマウントに大手術が必要となったものの、可能な限りフロントミッドにエンジンを追いやっている。そこにT78-29Dシングルターボをセットして500psを発揮する。

 

 

なお、もともとアウトバーンを走る高速ツアラーのためギヤ比がハイギヤードすぎてRB26DETTのパワー特性とは合わない。そこで、GT-RのR200デフをゴッソリ移植してギヤ比の最適化まで行なった。ミッションはRB25DET用の5速をドッキングしている。

 

 

エクステリアは、グリルから覗くインタークーラーとリヤのGTウイングが只者ではない雰囲気を醸す。ボディカラーはマーチ用のオパールラベンダーにオールペンされている。

 

 

また、太いホイールを履くためにフェンダーを加工してワイドボディ化しているのもポイントだ。フロントはノーマルのラインをいかしたブリスター形状、リヤはフェアレディZ用のカーボンオーバーフェンダーを装着している。ホイールはGT-R用のサイズで、フロントはPCDチェンジャーを使い、リヤは日産のハブを移植して対応している。

 

 

一方のコクピットも、国産チューニング畑で育ったオーナーらしいメイキングだ。メインメーターはカーボンパネルにデフィやブリッツの追加メーターを配したオリジナルで、その他のインテリアはレカロのセミバケも含めてブラックとブルーでコーディネイト。シックなムードを保ちながらチューニング感も漂わせている。

 

 

価値が高いドイツの名作と言えども、臆することなく国産チューニングでキッチリと仕上げたオーナーの改造魂には心から感服だ。

 

(OPTION2 2005年11月号より抜粋)