「美しき湾岸最高速仕様」Z32に500 馬力の強心臓と闘魂ワイドボディをインストール! | web option(ウェブ オプション)

「美しき湾岸最高速仕様」Z32に500 馬力の強心臓と闘魂ワイドボディをインストール!

強化AT+500馬力で超高速クルージングもこなすZ32!

 

美しく、そして過激に! 湾岸のイメージを形にしたボディメイク

 

フェアレディZと言えば、スタイリッシュなボディにハイパワーエンジンを搭載し、日産の鳴り物入りでデビューした生粋のGTスポーツ。他に先駆けて280psの自主規制枠に到達したことで、当時大きな話題を呼んだことでも有名な1台だ。

 

 

当然のごとく、チューニングシーンでも各ショップが競うように出力アップを軸にした改造を展開し、最高速ステージ全盛期にはライバルでもあるスープラと共に、GT-Rキラーとして軽々と300キロを越えるマシンが多く製作された。

 

 

ここで紹介するZ32もまた、長年チューニングを積み重ね、最高速ステージを走り続けた最高速ランナーの愛機だ。

 

 

心臓部は最高速度300キロを想定し、レヴォルフェS.A.で徹底チューンを敢行。ミッションが高速クルーズ主体でAT仕様のため、最高出力は500ps弱に抑えられているが、その代わりフレキシブルな特性に仕上げている。エンジン本体はフルバランス取りされ、ヘッドはソリッドリフター化。ターボチャージャーには、レスポンス重視でS14シルビア用の斜流タービンを組み合わせているのも大きなポイントと言えよう。

 

 

なお、ピークパワーを抑えているとはいえ、ノーマルのATで500psに耐えることは難しい。そこでATはレボルフェS.A.で強化され、フルードクーラーも装備した。

 

 

高出力を受け止める足回りは、クァンタム車高調を軸に構築。伸びのストロークを多く取り、路面の荒れたストリートでもしっかりとタイヤを接地させるようにセットアップ。アーム類はフルピロ仕様だ。また、エンジンブレーキが使いにくいATに合わせ、フロントブレーキは6ポット、リヤブレーキはGT-R用ブレンボを移植して徹底強化している。

 

 

そしてエクステリア。この美しいエアロフォルムはアブフラッグ(旧カーヴ作)による大作だ。

 

 

Z32のスタイリングをさらに低く安定したフォルムへと導くために複雑なワイドフェンダーを開発。ワイド幅はフロント片側15mm、リヤ片側60mmとなり、欧州スーパースポーツに近いアピアランスを手に入れている。なお、このワイドボディはアブフラッグからキット販売(36万5000円/2by2専用)されている。

 

 

フロントバンパーはオーナーの好みでTBK製をチョイス。大型のドライビングランプが特徴的だが、低い位置から路面を照らす補助灯は超高速ナイトクルージング時に路面の異物を照らし出すのにも有効だろう。

 

 

その他、コクピットやエキゾースト環境など、全てのパートにおいて美しさと機能性を高次元で両立させたチューンドZ32。じつにアブフラッグらしい、見事としか言いようがないクオリティだ。

 

●取材協力:アブフラッグ TEL:0550-88-8238

 

【関連リンク】

アブフラッグ

http://abflug.jp/