「RBエンジン換装+オートマ搭載+エアコン完備=超快適!」憧れのハコスカが現代仕様で蘇る! | web option(ウェブ オプション)

「RBエンジン換装+オートマ搭載+エアコン完備=超快適!」憧れのハコスカが現代仕様で蘇る!

RB25、オートマ、エアコンを搭載した快適仕様!

 

昭和と平成の合作チューンド!

 

レストア時に新品のバンパーやフロントウインドウ、ゴムモールまで交換され、ピッカピカに仕上げられたKGC10ハコスカ。しかしこのマシン、単に旧車をレストアしてるのとはワケが違う。

 

 

搭載されているのはL型ではなく、C33ローレルのRB25DEエンジン。ミッションは5速オートマで、パワーステアリング、オートエアコンやパワーウインドウなど、当時のハコスカではあり得ない快適装備を導入。そう、旧車のリメイクに現代の技術を採り入れることで、現在の街乗りで快適に実用できるクルマとして蘇らせているのだ。

 

 

このマシンを製作したのは、ハコスカやサンマルなどを中心としたノスタルジックカー専門店・ロッキーオート。オリジナルに忠実に仕上げるフルレストアを手がけつつも、一方で現代のエンジンや装備を搭載し公認を取得したコンプリートカーも提案しているショップだ。

 

 

内装もこのチューンドの見所のひとつだ。ダッシュボードはハコスカ純正、そこから下の大部分はロッキーオートによるワンオフパネルとC33から流用されたメーターなどのパーツ類で構成。さらに、オートマのシフトレバーのまわりにオートエアコンやパワーウインドウのコントロールスイッチを配置し、大きなエアコンユニットは助手席のグローブボックスの下に隠されている。

 

 

そう、オートマもエアコンユニットもハコスカには存在しない装備なのだが、そこを違和感なく溶け込ませているのだ。

 

 

エクステリアは当事の面影を強く残す。ホイールは、RSワタナベと並ぶ定番、ハヤシレーシングをチョイス。これまた定番のオーバーフェンダーを前後にセットし、フロントは15インチ8Jのオフセットゼロ、リヤは9Jのマイナスオフセット(-19)をセットしている。

 

 

昭和と平成の良いとこ取りをしたこのパッケージなら、これまで旧車の購入に二の足を踏んでいたファンも現実的な選択肢として検討できることだろう。

 

●取材協力:ロッキーオート TEL:0564-58-7080

 

【関連リンク】

ロッキーオート

https://rockyauto.co.jp/