BMWのZ3に13Bロータリーターボ搭載!? 国産チューンドと真っ向勝負する魔改造オープンスポーツ! | web option(ウェブ オプション)

BMWのZ3に13Bロータリーターボ搭載!? 国産チューンドと真っ向勝負する魔改造オープンスポーツ!

オープン2シーターに380馬力のロータリーターボ搭載!

 

国産フルチューン勢と勝負できるポテンシャル!

 

もともとは「女性受けが良いクルマ!」という分かりやすい理由で、手頃なインポートオープン2シーターとしてポルシェ・ボクスターと天秤にかけた結果、中古車市場での割安感が非常に強いBMW Z3を選んだというオーナー。

 

 

エクステリアは“ちょい悪ルック”を意識して、BMW 7シリーズのブラウンメタリックにフレークをプラスしたオリジナルカラーでペイントし、ラクジュアリーなテイストに仕上げている。

 

 

しかし! ただのナンパ仕様で終わらないのがこのマシンの凄いところ。ボンネットを開けてビックリ! なんとノーマルの1.8L直4ユニットではなく、13Bロータリーターボエンジンが押し込まれているのだ。

 

「街乗りがメインだとはいっても、1.8Lの直4NAじゃあいくらなんでも遅すぎる。たまにはサーキット走行も楽しめるくらいのポテンシャルは欲しい」と感じて、エンジンスワップに踏み切ったそうだが、レシプロならまだしもロータリーを選択するあたり、オーナーの拘りを強く感じてしまう。

 

 

なお、ロータリーを選択したのはコンパクトでハイパワーが絞り出せるから。ストリートでの扱いやすさや耐久性を重視したため、ポート形状はノーマルのままだが、タービンはウエストゲート式のTO4Eに交換することで約380psのパワーをゲット。

 

 

また、フロントメンバーは純正に加工を加えたオリジナルとすることで、バルクヘッドに限りなく近い位置にエンジン本体をオフセットし、なおかつローマウント化を実現。クイックなハンドリングを生み出すため、エンジンやミッションといった重量物をなるべくセンターに集約させた、フロントミッドシップを構築しているのだ。

 

 

13Bターボの換装にともない、冷却チューンも念入りに展開している。BNR34用のビッグコアを使ったサイドタンク式アルミ3層ラジエターとHKSのGTインタークーラーはV型にレイアウト。さらに、エアコンのコンデンサーを仕切り板としても活用し、それぞれのコアにフレッシュエアを導いている。

 

 

重要なコンピュータは、イチからハーネスを引き直した上で13Bのセッティングノウハウが豊富にあるアペックスのパワーFCを使用する。

 

 

400ps近いパワーを受け止めるべくサスチューンも徹底。フロントはKWがリリースしているZ3用車高調を装着。リヤはスプリングとダンパーが分離するノーマルに対し、テインのGT-Rフロント用を使うことでコイルオーバー化しているのだ。これは、自由長の長いスプリングを使ってセットアップの自由度を広げるためだ。

 

 

ただ、リヤのコイルオーバー化によってストラットタワー部にかかるストレスは増大するため補強が必要。オープンボディはワンオフの4点式ロールバー+サイドバーで剛性アップを計っている。

 

 

マツダの魂とも言うべき孤高のロータリーユニットをボンネットの奥に閉じ込めたZ3。3.2L直6を搭載する上級グレードのMロードスターを凌ぐどころか、国産フルチューン勢と真っ向勝負できるポテンシャルを持つスーパーチューンドと言っても間違いではないだろう。

 

●取材協力:チューニングガレージ グラック TEL:0729-63-8838

 

【関連リンク】

チューニングガレージ グラック

http://www.gluck.asia/