「180SXに6連スロットル仕様の2JZエンジンを搭載」耐久性とレスポンスを追求した異端児! | web option(ウェブ オプション)

「180SXに6連スロットル仕様の2JZエンジンを搭載」耐久性とレスポンスを追求した異端児!

パワーよりもレスポンスを追求した2JZ改6連スロットル仕様

 

絶対的なパワー不足は軽量化で補う!

 

シルビアにRB26DETT、アルテッツァに2JZ-GTE、RX-7にVQ35DEなど、エンジンスワップの多彩な実績を数多く持つC&Yスポーツ。斬新な換装マシンの製作は、いつも代表である知念さんの閃きと「載せてみたい!」という情熱からはじまる。

 

 

ここで紹介するチューンドもまた、そんな知念さんの想像力が作り上げた作品だ。C&Yスタッフ全員の遊びグルマであるこの180SXは、ドラッグレース派の多いスタッフたちが「周回やドリフトもやってみたい!」ということで、本格的なサーキット走行に対応できるように製作された。

 

 

エンジンはいつものように「2JZ-GE(NA)の6連スロットル仕様を搭載してみたい」という、知念さんの閃きで決定。以前S13シルビアに2JZ-GTEを換装したこともあるため、基本的な換装ノウハウは問題なしだ。

 

 

4気筒が入っていたスペースに6気筒を換装することになるため、エンジンはバルクへッドぎりぎりに寄せて載せ、スペースを稼ぐとともに重量バランスを改善。重要な6連スロットルは、4A-G用1セット+半分を流用したワンオフ品を搭載している。

 

 

なお、基本的にNAの2JZエンジンはデスビ方式(クラウンの一部など例外もあり)。そこで、デスビの位置にセンサーを移植して点火信号だけを拾い、ターボのパーツを使ってダイレクトイグニッション化していたりする。点火系、燃料系などすべてのエンジンマネージメントはF-CON Vで行っている。

 

 

コクピットの作り込みも美しいの一言。デフィのタコメーターと水温計など、スポーツ走行中必要な情報を得るためのメーターをスッキリと配置している。センターパネルには油圧計、油温計とVプロがセットされている。

 

 

ハイレスポンスを求めて6蓮スロットル仕様を与えたわけだが、ターボに比べると絶対的な出力では劣る(230psくらい)。そのため、この180SXは軽量化にも力を入れている。ナンバーなしの走行会&ドリフト仕様という割り切りがあったため、エアコンレス、アンダーコート剥がしの他、勢いで夜は走らないからとヘッドライトまで撤去してしまったとのこと。

 

 

さらにエキゾースト環境もフロントパイプ以降をフルチタンで製作し、軽量化を徹底追求している。

 

クルマを通して伝わってくる高い技術力と遊び心。C&Yスポーツというチューニングショップのコンセプトや考え方がよく分かるデモカーと言える。

 

●取材協力:C&Yスポーツ TEL:0561-38-8325

 

【関連リンク】

C&Yスポーツ

http://www.c-ysports.com/