「初代MR2(AW11)に2代目(SW20)のターボエンジンを移植!」空力まで手を入れた300馬力のミッドシップチューンド! | web option(ウェブ オプション)

「初代MR2(AW11)に2代目(SW20)のターボエンジンを移植!」空力まで手を入れた300馬力のミッドシップチューンド!

SW20用の3Sターボを換装して大幅パワーアップ!

 

ダウンフォース増大を狙った空力チューンも注目

 

1984年(昭和59年)にデビューした国産車初のミッドシップスポーツ、MR2(AW11)。当時の最新鋭エンジン「4A-GE」をリヤミッドに搭載し、シャープなハンドリング性能と合わせて非常にダイレクトな乗り味を秘めていた。

 

 

そんな名車に、次世代型であるSW20の4気筒ターボユニット「3S-GT」を換装して大幅なパワーアップを果たしたのがこのマシンだ。

 

 

ベースとなっているのはもともとが4A-GZスーパーチャージャー仕様の後期型であり、サーキット走行でのタイムアップを狙っての3Sターボ換装とのこと。聞くところによればオーナーはAW11、FD3S、GT-Rなどをチューニングしてきたそうだが、最初に乗ったAW11の楽しさが忘れられずにいたらしい。そんな時に程度の良いAW11と出会い、即購入。そして、チューニングが開始されたのだ。

 

 

当初はスーパーチャージャーのブーストアップ仕様で楽しんでいたが、多くの車歴、チューニング経験を経た今となっては4A-GZをいくらイジっても満足のいくレベルに達することはなかった。そこで、MR2チューニングを得意とするTBS(テクニカルサロン・ベース・サイド)にて思い切って後継であるSW20の3S-GTEエンジン換装に乗り出したというわけだ。

 

 

換装した3S-GTは耐久性を考慮してエンジン本体ノーマルのブーストアップ仕様にと留めているが、それでも300ps前後を出力しているためパワーフィールは十分。なお、3Sターボは油温に厳しいため、アンダーフロアにオイルクーラーを配置。インタークーラーはAW11用をそのままの位置に残している。

 

 

エンジン以外のパートもキッチリと手が入る。エクステリアでは、ダウンフォースを有効活用するために、フロントセクションはアルミと樹脂の特殊な合板で製作したパネルでフラット化。合わせてリヤも汎用のディフューザーを使いダウンフォースの向上を狙う。マフラーはTBSのオリジナルだ。

 

 

また、フェンダーは約50mmワイド化され、255/45-17というワイドなSタイヤを飲み込めるようにカスタム。ちなみにAW11はPCDが100(4穴)で、ホイールの選択肢が少ないためPCDチェンジャーを使い5穴化している。

 

 

一方の足回りはアラゴスタの特注車高調を軸に強化。パワーチューニングや前後タイヤサイズの違いによるブレーキのアンバランスを解消するため、マスターシリンダーを加工し、可変の調整式プロポーショニングバルブ(ブレーキバランサー)を装着しているのもポイントと言える。

 

 

パワフルなターボユニットを手に入れ、それに合わせて全方位チューンが施された初代MR2。走りを予感させるエクステリアメイクを含めて、非常に魅力的なチューンドだ。

 

●取材協力:TBS(テクニカルサロン・ベース・サイド) TEL:042-935-0376

 

【関連リンク】

TBS(テクニカルサロン・ベース・サイド)

http://www.tbs-motorsports.com