VIPレーシングを目指した真紅のJZS161アリスト! 鉄板加工に拘ったワイドフェンダーも注目だ | web option(ウェブ オプション)

VIPレーシングを目指した真紅のJZS161アリスト! 鉄板加工に拘ったワイドフェンダーも注目だ

VIPレーシングを狙ったボディワーク&ペイントで魅せる!

 

鉄板加工に拘った70mmのワイドフェンダーにも注目!

 

これで走れるの!?ってくらい低く構えた車高に艶やかなキャンディ塗装が目を引くJZS161アリスト。奈良県のチューニングショップ『グロスファクトリー』がVIP系カスタムでは定番のアリストをベースに、VIPレーシングというコンセプトで製作した1台だ。

 

 

具体的に言うとステッカーの貼り方ひとつにしても走り屋系のデザインや配置を意識したり、スーパーカーのような立体感のあるダクトを設けることで、VIP系カスタムの中に走り屋のテイストを盛り込もうってスンポーだ。

 

 

ちなみに、すさまじく低い車高だけど、これはエアサスではなくグロスファクトリーのオリジナル車高調で落としているそうだ。この車高で走るためにナックルのショート加工やマフラーの上げ加工まで施されている。

 

 

なかでも注目したいのがフロント片側40mm、リヤ片側70mmもワイド化された前後フェンダー。通常、フェンダーをワイド化する場合はFRPで製作した方が造形の自由度が高く楽なのだが、この車両はあえて鉄板加工を選択。ナンバー付きのストリートカーだけにフェンダーとタイヤが多少干渉する可能性もあるため、割れやすいFRPではなく、強度を保持できる鉄板加工で複雑なダクトを配したブリスターフェンダーを製作したのだ。

 

 

なお、リヤはブリスター化に合わせてドアも加工され、ドアノブの位置も変更されているそうだ。

 

 

さらに、塗装にも拘っていて、よりキャンディらしい深みのあるツヤを出すために下地にメッキ調塗料を使用していたりもする。これにより、滴り落ちるよう極上のツヤのキャンディ塗装を完成させている。ちなみに塗料代だけで100万円近くかかっているというから驚かされる。

 

 

しかも、そんなツヤツヤのペイントだけでなくグラインダータトゥやラップペイント等のテクニックを散りばめることで、やりすぎ感がでない程度にドレスアップ感をプラス。このあたりはカスタムペイントを得意としているグロスファクトリーらしいメイキングだ。

 

 

エクステリアに負けじとインテリアも凝っていて、黒と赤を基調に大幅リメイク。部分的にカラーカーボンをあしらってスポーティ感を高めつつ、ドア下やスピーカー周辺にLEDを配してドレスアップしているのだ。

 

●取材協力:グロスファクトリー 奈良県磯城郡田原本町大網207-7 TEL:0744-33-9302

 

【関連リンク】

グロスファクトリー

http://www.gloss-factory.com/