これがMR-Sベースだと!? 約300万円で手に入る超絶カスタムコンプリートカーはいかが? | web option(ウェブ オプション)

これがMR-Sベースだと!? 約300万円で手に入る超絶カスタムコンプリートカーはいかが?

わずか300万円で手にできる和製スーパースポーツ!

 

MR-Sベースとは思えないハイエンドなアピアランス!

 

“コンプリートカー”という言葉のニュアンスは実に曖昧。Completeとは「完全な」とか「完成した」という形容詞だけに当然なのかもしれないが、どこまでを“完成”とするかは、個人の主観でしかないからだ。

 

 

しかし、このマシンにおいては、やはり“コンプリートカー”と呼ぶのがふさわしい。というのも、この車両はある国産スポーツをベースに外装のほぼ全てを専用ボディキットでカスタマイズしているのである。

 

製作したのはアブフラッグ。これまでエアロパーツをはじめ、スタイルを一変させるボディキットなどをリリースし、そのたびに話題を集めてきた老舗メーカーだ。事情通の読者ならば察しはついただろうが、これはアブフラッグがかつてMR-Sをベースに製作した『MR-X』ボディキットをリメイクしたニューモデルなのだ。

 

 

『MR-X』とはアブフラッグが持ちうるかぎりのモデリング技術を投入し、メーカー製作の量産型スポーツカーではおよそ到達できない洗練されたスタイリングが与えられた逸品。今もなおそのボディキットに憧れを抱く人も多いことだろう。しかし、いくらMR-Sと言えども、ボディキットの価格、塗装や施工費、タイヤ&ホイールなど、その全てを含めると、その総額は車両代とは別にして300万円以上かかってしまう。

 

 

もちろん、これほどまでのモディファイを施すのだから決して高額とは言えないが、アブフラッグの上保代表は、もっとリーズナブルにかつハイクオリティに仕上げたマシンをユーザーに届けたいと決意。また、昨今では程度の良いベース車両を探すのも困難になりつつあり、MR-Sの中古相場も現在高騰が続いている。そのため、全てをパッケージにしたコンプリートカーのリリースに踏み切ったのだという。

 

「今、国内で自分が乗りたいクルマがないというのがこの企画の出発点でした。しかしスタイリッシュなミッドシップスポーツが存在するとなれば、気持ちも高ぶる人も多いのではないでしょうか? 私がそのひとりですから」と上保代表は語る。

 

 

そして、その情熱が形となったのが、このコンプリートカー『MR Spider ZZ』というわけなのだ。

 

 

このマシンの特徴はなんと言ってもそのスタイリング。『MR-X』のボディキットをよりワイド化するなど大幅なリメイクを敢行し、さらなる迫力をプラス。それに合わせ、オリジナルで製作した専用ホイール(ワークXSAベース)やマフラー(ブリッツと共同開発)も装備する。ボディサイズはノーマルの状態から片側117mm、ベースとなった『MR-X』ボディキットから30mmワイド化されていてその存在感を増している。

 

ちなみに、ベース車は走行距離5万キロ以下の程度の良い車両から選ばれ、エンジンなどコンディションも細部までチェック。仕上げは希望のボディカラーまでオーダー可能となっている。

 

 

気になるのはその価格だが、車両代を含めても約300万円程度で収まるという。つまり『MR-X』のボディキットをいちから製作するのに比べ、そのコスト的メリットは絶大だ。しかも、製作元であるアブフラッグ自身が作業を手がけてくれるため、その仕上がりのクオリティを心配する必要もないというのもポイントだろう。

 

現行スポーツモデルを求めている人はもちろん、スーパースポーツへの憧れを持つ人も、その選択肢のひとつにこの『MR Spider ZZ』を加えてみてはいかがだろうか。

 

●取材協力:アブフラッグ TEL:0550-88-8238

 

【関連リンク】

アブフラッグ

http://abflug.jp/