4.0L級のチューンドV8並みのトルクフィールを手に入れたマークX G'zスーパーチャージャーチューンド! | web option(ウェブ オプション)

4.0L級のチューンドV8並みのトルクフィールを手に入れたマークX G’zスーパーチャージャーチューンド!

GTスーパーチャージャーの装着で360ps/42kgmを実現!

 

綿密なECUセッティングがキモ!

 

HKSがクラウンアスリート用の設定していたGTスーパーチャージャーキットを加工流用したGRX130マークX G’zの登場だ。製作したのはスーパーチャージャーチューンを得意とするプロショップ“ラスティー”。

 

 

「GRS184クラウンで実績あるスーパーチャージャーキットを、マークXの2GR-FSEエンジンに取り付けできるよう加工しています。GTS7040コンプレッサーの風量的には400psくらいまでは出せるのですが、2GR-FSEは11.8:1という高圧縮エンジン。さらに、エンジン内部のメタルやピストン、コンロッドなどの耐久性を考えるとブースト0.5キロで360psくらいに抑えて使うのがトラブルなく気持ちよく乗れるポイントでしょうね」とは代表の有田さん。2GRエンジン搭載のクラウンで散々テストを行った上で、最もコストパフォーマンスに優れるメニューがこのマークXでも施されているわけだ。

 

 

なお、クラウンアスリート用のGTS7040キットをマークXに装着するためには、パイピングやブラケットに多少の加工が必要。同様の加工を施せば、他の2GRエンジン搭載車でも取り付けることが可能だ。

 

 

ポイントとなるのは、パワーを上げていくと容量不足に陥る燃料ポンプの大容量化(インジェクターは純正のままでOK)と、オリジナルの『フラッシュEVO』による緻密なECUセッティング。AT車の場合、HKSのキット付属のサブコンをそのまま仕様するとエラーが出てしまうことがあるため、スーパーチャージャー仕様を製作する上で必須事項になってくるそうだ。

 

 

「パワー特性的には、どのコンピュータでも同じ様な特性は出るのですが、キットもののコンピュータはAT車だとスロットルのエラーが出てしまうんです。そのためフラッシュEVOでは燃調、点火時期、VVT-iのバルブタイミング、リミッター類の変更に加えて、スロットル制御の部分にまで手を入れてあります」。

 

 

その他、過給機チューンに合わせて投入した柿本改のG’s用『クラスKR』マフラーや、吸入空気温度の安定化を図るインタークーラーなどトータルチューンを展開。その結果、4.0L級のチューンドV8エンジンのようなパワーとトルク特性を実現しながらトラブルフリーというパワーパッケージを実現したのだ。

 

 

スペック

エンジン:HKS GR184用GTスーパーチャージャーキット加工装着、GTS7040(最大ブースト圧0.5キロ)、インタークーラー/ラスティー フラッシュEVOコンピュータ/サード270燃料ポンプ ■ドライブトレイン:GRMNトルセンLSD ■タイヤ:ポテンザRE050A(235/40R19) ■ホイール:ボルクレーシングG50(9.5J×19+38) ■インテリア:デフィ ブースト計 ■エクステリア:STガレージ フロントフェンダー

 

●取材協力:カーメイクラスティー 千葉県白井市冨士51-4  TEL:047-441-6226

 

【関連リンク】

カーメイクラスティー

http://www.rasty.tv