ドリフト競技の最高峰D1グランプリシリーズへの最初の一歩! 入門カテゴリーD1地方戦の全国大会が2年ぶりに開催! | web option(ウェブ オプション)

ドリフト競技の最高峰D1グランプリシリーズへの最初の一歩! 入門カテゴリーD1地方戦の全国大会が2年ぶりに開催!

ミドルウエスト地区代表の竹田和明がセントラル地区代表の川村幹仁を倒して全国覇者に!

 

必要にして最小限の装備でD1競技が楽しめる!

 

3月30日(土)に、埼玉県の本庄サーキットにて開催されたD1地方戦の全国大会MSFシュートアウト。今回は2016年以来2年ぶりとなる開催となり、2018年の各地区でポイントを獲得した選手たちによって争われた。

 

D1地方戦とは、D1グランプリシリーズへと繋がる入門カテゴリーとして設けられているイベントで、セントラル地区(関東)やミドルウエスト地区(中部)というように、地域を区切ってそのなかでシリーズ戦を開催することで参加しやすさが重視されたD1競技だ。

 

また、車両規則も参加しやすさが重視されていて、ロールバーや牽引フックに消化器といったサーキットを走るうえでの最小限のパーツを揃えればOK! ドライバーもヘルメットやグローブはとうぜん着用しなければならないけど、それ以外は長袖&長ズボンでもOKとなっているのだ。

 

2016年と2017年は安全性やルールが見直されていたおかげで全国大会は開催されていなかったんだけど、今回は各地区の主催者の要望から開催が決定。今回は急遽開催が決まったこともあり、セントラル地区とミドルウエスト地区のみで参加者も24名と少なかったけど、内容は濃く勢いのある走りが多く見られた。

 

 

 

詳しい順位や結果はD1公式サイトのレポートページを見てもらうとして、最終的に追走トーナメントの決勝戦まで勝ち進んできたのは、ミドルウエスト地区代表の竹田和明選手とセントラル地区代表の川村幹仁選手のふたりだった。

 

そして決勝戦。先行&後追いの1セット目では、両者ともに先行車両に接近できない展開でアドバンテージをとることはできず再戦にもつれ込んだ。そしてその2本目、後追いの竹田選手が先行の川村選手に振り出しから近い距離をキープ! 後追いの竹田選手は最後まで近い距離を維持していたことで勝負あり! 竹田選手が全国制覇を成し遂げたのだ。

 

 

ベスト16に進出した選手たちの集合写真。優勝はミドルウエスト地区代表の竹田和明選手、そして準優勝はセントラル地区代表の川村幹仁選手、3位にはセントラル地区代表の川島将貴選手という結果となった。

 

埼玉県にある本庄サーキットと千葉県にある茂原ツインサーキットを転戦するセントラル地区からは、2018年シリーズ2位の北澤淳を筆頭に、小泉優哉、渡邉昌史、池杉涼、塙彰拡、川村幹仁、笹山栄久、川島将貴、日比野龍、風間光輝、荻谷翔、石黒佑紀子、石塚進一、廣瀬優太、多田康治の15名が参加した。

 

岐阜県にあるYZサーキットと富山県にあるおわらサーキットを転戦するミドルウエスト地区からは、2018年シリーズチャンピオンの岸梅美幸をはじめ、白澤俊雅、野中陽介、竹田和明、今田貴也、金田悠希、金田ワグネル宏美、岸梅良幸、加藤史恭の9名が参加した。

 

●チャンピオン:竹田和明【S14シルビア】

優勝した竹田和明選手。D1地方戦には2017年から参戦しはじめてシリーズ14位、翌2018年は優勝することはできなかったものの、コンスタントにポイントを重ねてシリーズ5位という結果を残している。ちなみに、2009年から2012年まで雑誌ドリフト天国主催の全日本学生ドリフト王座決定戦に出場しており、その時から乗り続けているのがこのS14シルビアだ。

 

「学ドリのときからあまり仕様は変わっていない」というS14シルビア。エンジンはSR20DETで排気量は2.0Lのまま。東名パワードのポンカムとGCGのGTX2867Rタービンが装着され、420psを発揮する。

 

車高調はトラスト製。ナックルは学ドリの最終年にと導入したクイックアクションの桜庭ナックルで、これを仕様変更しつつ愛用している。タイヤは去年の後半からヴァリノペルギア08R(フロント:245/40-17 リヤ:265/35-18)を履いている。

 

●準優勝:川村幹仁【S13シルビア】

惜しくも準優勝となったセントラル地区代表の川村幹仁選手も竹田選手と同じく学ドリ出身のドライバーで、D1ストリートリーガルシリーズやD1東日本シリーズへの参戦経験もあるベテランだ。追走トーナメントでは決勝戦までの戦いで接触があり、右リヤまわりはベッコリ! 走りへの影響はなかったものの、決勝戦では竹田選手との距離を詰めることはできなかった。

 

TEXT&PHOYO:Daisuke YAMAMOTO

 

▶︎ D1公式サイト ◀︎

▶︎ 2019D1地方戦イベント開催スケジュール ◀︎