V35スカイラインで500馬力達成! 至宝のスーパーチャージャー仕様は通勤も超快適なのです! | web option(ウェブ オプション)

V35スカイラインで500馬力達成! 至宝のスーパーチャージャー仕様は通勤も超快適なのです!

通勤にも快適に使える500psのスーパーチャージャー仕様!

 

Z33用パーツをうまく流用しながらチューニング

 

このCPV35スカイラインは、富士スピードウェイでのタイムアタックを楽しむために、スーパーチャージャーチューンを得意とする千葉県のカーメイキングレヴューにてチューニングを進めたマシンだ。

 

 

オーナーは元々180SXでドリフトを楽しんでいたのだが、このマシンへの乗り替えを機にグリップ派へ転向。今では、アタック時はリヤシートを外して軽量化に気を使うなど、どっぷりとタイムアタックの世界に浸かっている。

 

 

そして、アタックするステージが富士スピードウェイだけに、パワーチューンも加速。HKSのGTS7040スーパーチャ-ジャーキットを軸に、腰下には鍛造ハイコンプピストンやH断面コンロッドを投入し、ヘッドもハイカム(264度)を組んで燃焼室加工も実行した。その結果、VQ35DEとしては頭一つ飛び抜けた、実測500ps/60kgmものパワーを叩き出しているのである。

 

 

なお、GTS7040はチャージャーのプーリーを80㎜に変更することで、最大ブースト圧を0.9キロにセットアップ。合わせてインジェクターは550ccに増量し、燃料ポンプはRH9と純正の2基がけで燃料の偏りを防いでいる。

 

 

また、VQエンジンに一貫して言えることだが、S/C化を施したマシンでサーキットを走行する場合、水温と油温が厳しくなる。そのためこのマシンでも、開口部の大きいフロントバンパーを投入してラジエターとオイルクーラーの容量アップを図っている。

 

 

排気系はエキマニからテールエンドまでHKS製で統一する。リヤバンパーに開けられた開口部は、バンパー内のパラシュート効果を防ぐ目的だ。

 

 

サーキット走行において重要なパートとなる、足回りに工夫を凝らしていることにも注目したい。というのも、CPV35はクルマの性格上、走りに特化したアフターパーツが少ない車種である。そのため、オーナー希望の足回りやスプリングが適合していなかったのだ。

 

しかし、そんな悩みもZ33用パーツを加工流用することで解決。Z33用の直巻スプリングアダプターを初めとしたパーツに加工を施し、車高調やスプリングの選択肢を広げているのだ。これはCPV35のチューニングパーツ全般に言えることで、基本的にZ33用を小加工することで解決できる…と、レヴューの前塚代表は言う。選択肢が広がることは、セッティングの幅が広がることに直結するだけに見逃せない部分だ。

 

 

さらに、サーキットユースに振りきったマシンメイクと思わせながら、通勤にも使用すると言う。過激に感じるスペックだが実際には、ストレス無く通勤出来る快適性も持ち合わせているのだ。これには、遠心式S/Cのナチュラルな出力特性と、レヴューの高いセッティング能力によるものが大きく起因しているはずだ。

 

オーナーの使い方に合わせ、日常からサーキットまでカバー出来るこのマシン。チューニングカーとして、ひとつの完成形といって間違いないだろう。

 

スペック

VQ35DE改S/C仕様(500ps/60kgm) レヴュー VQ35DE燃焼室加工、ECU書き換え/HKS カムシャフト(IN/EX264度)、ハイコンプピストン、コンロッド、ヘッドガスケット、GTS7040スーパーチャージャー、マフラー、メタルキャタライザー、フロントパイプ、エキマニ、インタークーラー/KOYOラジエター/トラスト オイルクーラー/HPI デフオイルクーラー/RH9 燃料ポンプ/コスワース サージタンク/ナプレック スロットルボディ/特注鋳鉄ライナー、強化ヘッドボルト、550ccインジェクター×6/HKS Z33用ハイパーマックスⅢスポーツ、スウィフト・スプリング(F12kg/mm R14kg/mm)/他

 

●取材協力:カーメイキングレヴュー 千葉県袖ヶ浦市長浦580-74 TEL:0438-60-3133

※現在カーメイキングレヴューではメカニックを大募集中とのこと! 興味がある人は問い合わせていただきたい。

 

【関連リンク】

カーメイキングレヴュー

https://revyou.co.jp