RE雨宮グレッディ1ボディキットで身を包んだ最高速仕様のFC3Sが美しすぎる!

公開日 : 2019/03/31 11:33 最終更新日 : 2019/03/31 11:33


オーバー300キロを目指したグレッディ1仕様のFC3S

 

オーナーの愛着が詰まった至高の最高速仕様

 

めっきり数が少なくなってきたFC3Sだけれど、その分現存する個体はキッチリとレストアされ、作り込まれているケースが多い。RE雨宮のグレッディ1ボディキットで全身を覆うこのFC3Sもそんな1台だ。

 

 

傷ひとつないエクステリアを見ただけでオーナーの性格と愛車に対する想いが伝わってくるが、中身も負けじと気合の入ったメイキングとなっている。目指しているのは楽にオーバー300キロを実現できるポテンシャル…と言えば、その速さを想像してもらえるだろう。

 

 

エンジンメイクを手がけたのは最高速を得意とするロータリーチューンの名門「スクートスポーツ」。心臓部は、FC3S前期の低圧縮ローター(8.5)やオリジナルの3ピースアペックスシールを組み込んだサイドポート仕様で、これにトラストのビッグシングルタービンであるT88-33Dをドッキング。耐久性重視のローブースト設定で460psを安定発揮させるというスペックだ。

 

 

クーリングパートは、トップエンド領域での冷却性能を追求しながら圧力損失を最小限におさえるべくスクートオリジナルのVマウントシステムを構築。インタークーラーはHPI製4層コアを使用したスペシャルとなる。

 

 

エアコン&オーディオ付きとなるインテリアも美しい仕上がりで、灰皿部分にはEVCをインストール。ミッションはOS技研の5速クロスを導入する。

 

 

メインメーターは純正が故障したため、奮発して各種車両データを取得できるレースパックを投入! さらにドアの内張りにはカーボンパネルを貼り込むなど、快適性を残しつつもスパルタンな雰囲気を演出している。

 

 

なお、グレッディIボディキットは各部にオーナー独自の加工が施されており、パナスポーツG7の18インチを飲み込むリヤフェンダーは違和感ないスタイルを目指してアーチ部分をワンオフで形状変更していたりもする。足回りはスクートのオリジナルダンパーを軸に構築され、路面の凹凸やギャップを拾っても一発で車体が収束するセットアップが施されている。

 

 

ちなみにリヤホイールは11Jで、タイヤは285という極太サイズ。巨大なGTウイングも最高速アタック時の安定性を考慮した装備だ。

 

普段乗りもできて、いざという時には最新スポーツカーと対等以上に戦える戦闘力を秘めたチューンド。こんなFC3Sって憧れちゃうよね。