RX-7で人気の冷却チューン「Vマウントシステム」ってどれだけすごいの? 実験してみた! | web option(ウェブ オプション)

RX-7で人気の冷却チューン「Vマウントシステム」ってどれだけすごいの? 実験してみた!

トラストのVレイアウトキットをFD3Sに装着して温度変化を検証する

 

真夏のサーキット連続周回で油温105度/水温95度以下をキープ!

 

FD3Sといえば、街乗りやドレスアップのベース車としてはもちろん、そのコーナリング性能の高さからサーキットのタイムアタックなどでも活躍している人気車種だ。

 

 

しかし、ロータリーマシンでサーキットを全開アタックするなら熱対策が必要不可欠というのも有名な話だ。そこで人気となっているチューニング手法が、インタークーラーとラジエターをフロント開口部の上下にV字型(横から見たら『く』の字)に配置する「Vマウント」と呼ばれる方式。ラジエターの前面を塞いでしまう前置きインタークーラー化よりも、吸気温度と水温を効率よく下げることができる特徴を持っている。

 

 

では実際にどの程度温度が変わってくるのか。今回はトラストのFD3S用「Vレイアウトキット(30万8000円/フルキット)」で実験してみた。

 

 

まず、Vレイアウトキットの仕様から。インタークーラーコアは266×400×100mmサイズのオフセットインナーフィンタイプを採用する。

 

 

ラジエターはGT-R用と同サイズの355×631×48mmのアルミ製なのだが、FD3S純正ラジエターの容量が1.65Lなのに対し、Vレイアウトキット用は3.65Lと大幅に容量アップを図っているのだ。ラジエタータンクは、空気が流れやすいようにエアロ開口部からのつながりを考慮した形状となっている。

 

 

また、パイピングに関しても、トラストの拘りが見て取れる。できるだけスムーズに空気が流れるよう直線的にレイアウトされ、さらにインタークーラーを中心よりやや右側に配置することで、エアクリーナーを可能な限り前方まで伸ばしてフレッシュエアを取り込みやすいようにしているのだ。

 

 

さらに、導風板は走行風の抜けを考慮した角度に設定し、エアロ開口部の形状にあわせてラジエターの高さを1cmほど可変できる構造を採用。また後期用のタービン出口エルボはボルト脱着用のヘコミのぶん、逆側を膨らませて流量を確保した拘りの構造だ。

 

 

この他、各種パイピングやエアクリーナー『AIRINX RZ』をはじめ、純正状態からの交換時に必要となるパーツをフルパッケージ。加工が困難なエアコン配管なども、あらかじめ形状をあわせて製作したものが同梱されているという至れり尽くせりの設計なのである。

さて、肝心の性能だが、Vレイアウトキット装着車両をエビスサーキット(東コース)に持ち込んで行なったテスト結果を見れば一目瞭然だ。気温30〜33度(7月下旬)のなか、ラップタイム1分7秒〜8秒で10周の全開走行を敢行したところ、油温105度/水温95度以下をキープ!

 

 

サーキット派のFD3Sユーザーならば、このデータのスゴさが理解できるはずだ。真夏の炎天下でのサーキット走行となると、ノーマルはもちろん通常レイアウトでのクーリング対策では、一瞬で水温が100度オーバーになって即クーリングを余儀なくされるのだから…。

 

チューニング業界が生み出した至宝のクーリングレイアウト、その性能は間違いなくFD3Sに恩恵をもたらす高機能パーツであることが証明されたわけだ。

 

●取材協力:トラスト TEL:0479-77-3000

 

【関連リンク】

トラスト

https://www.trust-power.com