「フェアレディZ(Z32)にまさかの2JZ-GTEエンジン!!」完全公認の自走派サーキットスペシャル!

公開日 : 2019/03/29 05:30 最終更新日 : 2019/03/29 05:30

実績のある2JZ-GTE化は理にかなったエンジンスワップだった!

 

セオリーには捕らわれず実績のあるエンジンをブチ込む!!

 

まるで湾岸最高速仕様!? なんて印象を受けるこのZ32は、中部地区のミニサーキットを中心にしながら、時には富士スピードウェイまで遠征するタイムアタッカー。もちろん、その行き帰りも自走でこなすため、NSXのコンデンサーを移植したエアコンなど、快適装備をきっちり残しながら仕上げられている公認ストリートマシンだ。

 

 

そもそもの始まりは「街乗りもできるサーキット仕様にしたい」と相談してきたオーナーに対し、エンジンスワップを得意とする“C&Yスポーツ”の知念代表が迷わず2JZエンジン換装を提案したことから。相談内容と解答に大きなギャップがあるようにも感じるが、そこはC&Y流、熱対策が大変でチューニング費用もかさむかVG30DETTよりも、実績のある2JZを換装するほうが、安定性に富んだチューニングカーが作れるという判断だ。

 

さらに、頻繁にサーキットに通っても不安がないようにと、オイルパンにはワンオフで大容量化とバッフル加工を施し、連続走行に備えウォータースプレーも搭載した。

 

 

もちろん作業は一筋縄ではいかず、V6エンジン専用にデザインされたエンジンル−ムに直6エンジンを載せるのは難問の連続だった案の定、純正のボンネット内にエンジンを納めることはできず、エンジン側のブラケットを製作し、できるだけ低い位置にマウント。さらにボンネットをワンオフ加工で製作した。ちなみに、1JZ-GTEエンジンを選択すればエンジン高を約30mm下げることが可能とのことだが…。

 

 

組み合わせるミッションはJZA80純正ゲトラグ6速。プロペラシャフトはJZA80とZ32を加工してミックス。また、Z32のデフ(R230)ではファイナルの選択肢が少ないため、BNR32のR200デフを使い、ファイナルの選択肢を広げている。

 

 

マネージメントはF-CON Vプロで行い、メインメーターには必要最小限の車両情報を集約させるためにデフィのDSCCを採用。また、ラップタイムを表示するP-LAPIIIも常備し、サーキット仕様としての準備は万全だ。

 

 

ちなみに換装された2JZは、HKSの鍛造ピストンとH断面コンロッドが組み込まれ、排気量は3.0Lから3.1Lへと拡大。タービンはコースによって使いわけ、富士のような高速コースではTO4Zで700ps、スパ西浦などミニサーキットではTO4Sを選び550psを発揮するようにしている。

 

 

サーキットスペシャルとして割り切るならここで終わりなのだが、オーナーは自走派。サーキットまでの往路を考慮して快適装備もフル採用。なかでもC&Yらしいメイキングがエアコンだ。エアコンコンデンサーをバンパーセンターの開口部に設置すると、水温等への影響も大きいため、コンパクトなNSX純正コンデンサーをサイドに配置。2JZのコンプレッサーを使い、配管をワンオフ製作しているのだ。

 

 

一方のエクステリアはいかにもサーキット仕様らしい内容。メカニカルグリップの向上を狙ってミッション製ワイドフェンダーを装着し、フロント265/35-18、リヤ295/30-18のハイグリップタイヤを履けるようにしている。

 

 

リヤには1800mmのサード製GTウイングを装着。ただし、そのままではダウンフォースに耐えられずリヤハッチが歪んでしまうため、スチールでリヤハッチを支えるフレームを製作している。

 

 

単なる見せかけだけの2JZ-GTE化ではなく、意味のあるエンジンスワップ。それがC&Yスポーツのチューニングなのである。

 

●取材協力:C&Yスポーツ TEL:0561-38-8325

 

【関連リンク】

C&Yスポーツ

http://www.c-ysports.com/