ドリフト仕様のGRスープラで川畑真人がいきなりD1GP追走進出!「仕上げたら無敵になりそう」と好感触! 

単走でも4位通過を決める好走を披露!

 

HKSのキットで3.4L化した2JZを搭載!

 

3月23日(土)・24日(日)にお台場で開催されたモンスターエナジープレゼンツD1GPオールスターシュートアウト。初日は斎藤ダイゴのGRスープラが走って観客の注目を集めたが、2日目にはTOYO TIRESブースに展示されていた川畑真人のGRスープラも走行してド肝を抜いた! しかもこちらはトラブルもなく単走を勝ち進み、できたてほやほや状態なのに追走まで進出。ドリフト仕様のGRスープラで世界ではじめて追走を見せてくれたのだ。

 

 

「大阪オートメッセの直後でしたね。今年はGRスープラで行くってTOYO TIRESさんから話があったのは」ときっかけを教えてくれた川畑選手。その後は急ピッチで制作が進められ、今回のイベントになんとか走行できる状態になったという。

 

そのため、制作期間は1ヶ月くらいしかなく、連日連夜の作業でなんとか走行できる状態まで持ってきたというが、各部のメイキングはトップカテゴリーで優勝を狙うため超本気スペックであることは言うまでもない。

 

 

まず、エンジンは先代スープラの直6ターボユニット「2JZ-GTE」へと換装され、HKSのキットにより3.4Lまで排気量アップ。近年のD1マシンらしくラジエターはトランクマウントになっているため、コアサポート下にインタークーラーだけが設置されている。パワステはKYBのレース用電動パワステに変更されている。

 

 

タービンはIHIのウエストゲート式で今後変更される可能性があるが、今回はブースト1.3キロで推定600〜700psくらいだったそうだ。

 

 

美しいサージタンクとスロットルボディはハイパーチューン製へと変更。ちなみに、斎藤ダイゴのGRスープラは他車種の電子制御スロットルを導入していたが、川畑号はピックアップ面を考慮してワイヤー式としている。

 

 

トランスミッションはサムソナスのシーケンシャルミッションで、デフにはSIKKYのクイックチェンジを採用。ドリフトに重要なナックル&アーム類は、BMW Z4用をベースに作り直されたというワイズファブのGRスープラ用が装着され、驚異の切れ角を実現している。

 

 

コクピットは贅肉を削ぎ落としたレーシングカーらしいメイキングだ。ロールケージはD1中国用180SXを制作したZEUSの倉川メカニックが担当。ほぼ同じ作りになっているという。ピラー部分のガセットなどはまだ作られていないが「ボディがいいから、いらないかもしれないね」と倉川さん。

 

また、D1中国用180SX同様にシート位置は限りなく後方&下方に設計されたが、ボンネットが思いのほか高かったため、2cmほど上方に修正した。なおダッシュボードはR35GT-R用のドライカーボン製が装着されていたが、開幕戦までには変更される予定だ。

 

 

ステアリングハンドルはナルディのラリー、シートはブリッド、ペダルはチルトンと、このあたりのパーツもD1中国用180SXと同じ仕様となる。車両が変わっても、川畑選手が違和感なくドリフトに集中できるようにと考えられたチョイスだ。

 

 

フロントタイヤは285/35-19のTOYO TIRESプロクセスR888RD。ホイールはグラムライツを履く。車高調は斎藤ダイゴのGRスープラとおなじくHKSのハイパーマックスで、このイベントでのバネレートはフロント10kg/mmのリヤ5kg/mmという設定だった。

 

 

リヤは20インチ。タイヤはTOYO TIRESのプロクセスR888RDでサイズは285/35-20だ。ブレーキはサイドブレーキとフットブレーキが独立しているエンドレスのドリ6rキャリパーを装着している。

 

 

本格的な作り込みと熟成はこれからというが、川畑選手はかなり好感触を抱いているようで、「最初に乗った瞬間に『あ、俺の180SXを超えたな』って思ったくらいクルマがいいんですよ。角度とかトラクションとかが比較されがちだけど、旋回能力がすごくいい! 角度をつけるまえのグリップ状態での旋回性能がよくて、こんなに曲がるFR車には乗ったことないって感じです。このGRスープラはドリ車のままタイムアタックもできそうなレベルで、軽くアクセルを入れるだけでグイグイと曲がっていく。ドリフトもできるスーパーカーってイメージ。追走いけるとか、そういう次元じゃなくて世界を目指してるんで、クルマもまだまだ軽くなるし、作り込みの部分でも改良点が見つかったんで、開幕までには無敵なマシンができるんじゃないかなって思います。期待してくれていいと思いますね」と絶賛。

 

 

そんな川畑選手のコメント通り、今イベントではトーを揃えただけでアライメントはバラバラという状態だったにも関わらず、単走では98.20点を出す好走(4位通過)を披露。さらに、追走ではS15シルビアに乗る小橋正典と対戦し、GRスープラでは世界初となる追走戦でビタビタの走りを決めていたのだ。

 

D1グランプリシリーズの開幕は、6月29日(土)・30日(日)の筑波サーキットにて第1戦と第2戦が開催される。それまでに川畑GRスープラはどこまで進化するのか、斎藤ダイゴ号との直接対決は見られるのか!? 今から期待が高まるばかりだ。

 

TEXT&PHOTO:Daisuke YAMAMOTO

 

▶︎ D1公式サイト ◀︎